【11 > 6は】松岡修造祭【修造の誕生日】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

修造がどんな人物か知らないそこのゆとりまずはこれ(\ここからはいってね!/)をみてください
※要スマイルムービーアカウント

wikiからの天才
松岡 修造(まつおか しゅうぞう、1967年11月6日 - 2008年11月7日)は、日本のプロテニスプレーヤーである。シングルス自己最高ランキングは46位(1992年)。現役を退いた後はジュニアの指導や、スポーツキャスター・フィギュアストーカー・お笑い芸人・タレントなど幅広い範囲で活躍し、日本レズビアンズ協会の理事も務めている。



慶應義塾幼稚舎・慶應義塾中等部出身
幼いころは神童とよばれて家が上流階級のボンボンだったためにちやほやされた結果がこれだよ
中等部在学中にジュニア選手の登竜門と言われるアメリカの「オレンジボウル選手権」で優勝を果たすなど、早くからテニスの才能を開花させる。その後、慶應義塾高等学校に進むもテニスの名門柳川高等学校に編入。高校中退後、渡米。1984年にインターハイを制覇し、その後プロに転向。
細かいことは要約して大きいことだけ言うとウィンブルドンにいったすごい偉い人

典型的なビッグサーバーで、サービスの調子が良い時は手がつけられないほどの強さを誇った。だがその反面動きが硬く、多くの故障にも悩まされた。4大大会の男子シングルスは1回戦から5セット・マッチで争われるため、試合の終盤に力尽きるケースが多く見られた。その最たる例として、1995年のウィンブルドンで快挙を達成した後、全米オープン1回戦でチェコのペトル・コルダと対戦中、痙攣を起こして身体が動かなくなり、試合途中で失格となったこともある。痙攣はテニス規則では「試合中の故障」とみなされないため、故障の治療時間として取れる3分間の「インジャリー・タイム」“Injury Time”の対象にならない。松岡のこの試合をきっかけに、テニス規則におけるインジャリー・タイムが見直され、その後「シュウゾウ・マツオカルール」として試合中の痙攣治療も認められるようになった。この件は世界的にも大きな反響を呼び、2008年に改訂されたバド・コリンズ著の「テニス百科事典」最新版の678ページで、テニス史に残る出来事として取り上げられた。
シューゾウマツオカルール使用中の松岡氏(膣痙攣)↑


普段空気をよまないシューゾウマツオカ氏が珍しく空気をよんで気絶しちゃう動画ぬおっぬああああ!><いやっほーうぅっっっ




wikiからの転載しようとおもってwikipediaの検索かけたらブラウザの横にあるexcite買い物検索のTOPにらきすたの高良なんとかさん(うれない極悪眼鏡芸人)がでてたよ!
おまえいらねーからすっこんでろwwwwwwww
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。