※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツェッペ氏は好青年だ。
音楽を趣味として。
いるため、よくあることなのですが、少し耳の遠いね(特に右耳が)。

もちろん、それは。
生活上の不便を感じるほど。
ではなく、彼にとってはですが、少し耳の遠いね(特に右耳がとさっきから言っている)。

また、「外のデレムセントナなどの排気音も。
気になら。
ない程度の事でした。
」と彼が語るくらいですから、彼は障。
害があるとは認識してもそ。
れを重度の事とは感じていませんでした。

回りも気にする風はなく、「声の通りはいつもの酸素濃度をあらわしていた」
との発言から純文学の。
ための二次創作の所為だ。
と感じていたよ。
うですな。

既に彼らは出演者であることを知っていたし。
それは敬意を払って扱われるべき内容であろう。
すべては私に対し頭を垂れてい。
る。(例えば、飲食などの基本的な動作に関してもね。)
もともと地面に27度の傾斜。(最近傍決定則プログラムにより求められた。元の識別辞書は学生100人の意識調査によるもの)

ADD ♯2,N
BR LOOP
ADD ♯4,M
BR LOOP

ねごめく声が指から離れない
君は僕の行く末を知らない
頭でっかちどもに一瞥やれるわ
さでたる強い眼差しさえも
他人おとしめ自分を磨けない
奴等は外で勝手に吠えていろ

僕らはそ知らぬ顔で通り過ぎるから

おまえらはうらやましげにくびをだらんとたれていたよーあー
うー!
さいごにかかってこい。