※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

耳を劈くほどの轟音が飛び始めてる。
この閉塞感がなくなるなら、どこへでも行けるのか。

指を見つめるほどの焦点がぼやけ始めている。
この倦怠感を支持するのは、自分の存在の薄さか。

交わる 藍と
呪え  肖像
交わる 淦と
呪え  切断

この歌詞自身が笑う。
「あなたの世界はそんなものか?」
否定さえ出来なくて、打ちのめされてしまう。

この歌詞自身が誇る。
「あなたの限界、しかと見たり。」
一筋の光明さえ見えず、しかし、もがいてやろう。