※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ほらきれいな決定できないのはすこし癖のある僕だから。
君と見てた夢叶えられるのはすこし先になるだけだから。

君と星降る夜に、
つぶやき声聴かせてあげるから泣かないで僕を見て。

君が腰振る夜に、
うめき声あげさせてあげるから鳴きながら僕を見て
咽が枯れて 弦が切れて 撥が折れて
そこからまた始まる。

冷たい状況が消える間もないまま、すぐにさよならだったけれども。
またあえるね…