※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議な海でした。
こんな夜更けに訪れるのは。
異形も異形。個性的も個性的な彼らは。

「木の匂いがする。
マッシュルームは柔らかく煮込まれていて、甘味も充分な。
レイドスコゥプ。」

にっこりするね、僕の解説を聞いた君は。

ドキドキする、僕は。

まだまだ遠い、距離を埋めたい。
こんな思いはいつ以来だろうか。

風が冷たい。
二人半袖だけどうずくまり、話をいっぱいした。
ぎりぎり近い、距離にあてられ、こんな想いは伝わるのかな?

夜がやってきました。
僕は何も言わなくなったけど、
たしかな体温が
ときめきを保証してくれました。