※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そう気がつけば、グラデイションが、君の口を塞いでゆくのです。
深夜2時白い部屋と歩くかの如き木々の群れ。荒ぶる。ゆらめく。

ふと見てみれば、少女地獄(まだ読みかけ)が、君の暗雲を記すのです。
こんな味甘い唾とねとりとのたるひねもす群れ。眩めく。百合咲く。

「いやそれほどには。」誤魔化す僕が、君の不安を倍加するのです。
転嫁する古い本に負けじと奇なるか会話の群れ。失う。謎めく。

軽々としているであろう君のちいさな体。
僕のネガイが通じますように。と、
君と本当に出会えますように。と。
布団と嗚咽にはさまれた。静寂とサヨナラは、か細い体をより強調するのです。

「切ない」と白くて舞い散る桜色の
冷たい息は「ひやん」と触れる。
「誓いを」と最後、口づけ試みる気持ち
気づかれぬは、何も見たくない。
気づかれねば、しがみついて喚いた。