※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少しずつ夜が色を見せてく、黒の映りは厚ぼってり。
「それの重さに引きずられてる。」君は言いたげな素振り。

星が一回り冷たい夜に、違う時間軸感じていた。
「それはあなただけのわがままで。」君は言葉を隠している。


最期の科白、加速する恋、真夜中終着を。
掠れた声で、伝えたいのは、この詩!ねえ、届いてる?

-蚊取り線香に悶え苦しむ、虫のような僕は実は、
最初から恍惚の呈であったのかも知れません。-

最期の科白、加速した恋、きれいにまとめてよ。
ひりついた咽喉、伝えたいのは、この曲!ねえ届いてる?