※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淋しいけれど懐かしいソラは最期に小さく鳴きました
ごらんよ、朽ちていく影は無常にもね
もう拭えない

眩い光の中 映る景色 確かで
悲しいほど広がっていく
温度は無色に静かに

甘い甘いミルクに張る薄皮のように脆く
外側だけ繕っていた
気付いてはいたんだ

逃げても逃げても 無意味な事でした
それでもそれでも 強く強くきみの手を引く

二人ぼっち ソラに重ねた掌を浮かべて
キラキラ隙間から零れる輝く星
「きれいね」ってキミのあの頃のままの笑顔が嬉しくて
ボクもわらって
・・夢が零れた

もう止むことのない季節外れの雪
すべて灰色に染めていく
温度が一つになって消える事を告げる

砂嵐の中で優しくキミの唇が静かに動いた
そのヒトトキが焼き付き
コマ送りガイノイドのように
流れる動き心昂ぶる「さよなら」

繋いでも繋いでも次第に広がる隙間
忘れない忘れない忘れたくない、この想い、、、

うらはらに脈打つこの胸に もう聞こえなくなってしまったキミの耳を押し当てて
優しく頭を撫でながら歌を聞かせました

一人ぼっち カゼに消えたキミの声 集めて
ひらひら 月のパレード 小指の魔法
「やくそく」ってキミのあの頃のままの笑顔が嬉しくて
ボクもわらって
・・夢が零れた

もう止むことのない季節外れの雪
すべて灰色に染めていけ
ボク達が二度と逸れないように
一つに消して

もしもボク達にまた訪れる春があるのなら
キミに出会えるように
強く強くキミの名を叫び続ける

遠く遠く離れていてもボクの事が近くに
笑顔もぬくもりも愛も感じれるように

淋しい時にただ傍にいることさえ
できないけれどもキミの名を歌い続けるから

終わりを告げる舞い散る花火
消えちゃうまで、離さない指切り