※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

気づけば、あたしの体と心の温度差は小さくなり続けました。
それは、シゼに収束していく。

)ひんやり、季節はあなたとあたしの深溝をえぐりえぐり続けました。
それは、シゼに収束していく。


「静かにね」笑顔で君は、いつものように。
あたしが、ねえ ずっと泣いているから、耐えるのでしょう?

「キミを、ずっと、抱きしめてるよ」服の下には、似顔絵が。    
本当はね、知っていた、キミのその笑顔
怖いから、奥歯を、食いしばる。
  
 ヘンレケは獰猛なうなりをあげ、座席の貴方はきっと涙をこらえる必要は無い。
 なぜなら、もうあたしには高すぎて見えなくなってしまうのだから…

「静かにね」笑顔で君は、いつものように。
あたしが、ねえ ずっと泣いているから、耐えるのでしょう?
  
「キミは、ずっと覚えていてよ」頭 ふれる 小さな手に触れ
本当はね、知っていた、胸が詰まるほどの。
貴方は強い人でした…    
  
貴方は大声を上げて、機体を震わせていますか?
貴方は、押し付けられた目標に達することが出来ましたか?
「あたしはもう なにも いうことが できない」

 赤い花は、枯れるまで、
 頭から外しません。