※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

繊細な糸で素朴な町に縛り付けられてた頃
見上げるたびに空は映した 遥かに遠い世界を
小さな場所を後にしてから どれくらいもう経つのだろう

Home is calling
ふるさと 心の中で今でも優しく響いてる
寂しさが染み付いた夢の無い夜には あなたを呼んでいる

都会の空に夢を託して 心を犠牲にしてる
野心と愛の調和がとれず 誰もが彷徨っている
飾らなかった誠実な日々 この頃何故か恋しく想う

Home is calling
ふるさと 絶えずに愛してくれたそんな人の顔を
もう一度見てみたい 郷愁にかられ あなたを呼んでいる

過去と今の間のとばりをそっと開いてみると
空の割れ目から雫れる光が巡る時代を指していた

Home is calling
ふるさと 心の中で今でも優しく響くよ
留まる事を知らない希望に身を任せていても
寂しさが染み付いた夢の無い夜には あなたを呼んでいる
Home is always calling out my name

寂しさが染み付いた夢の無い夜には
あなたを呼んでいる
ふるさとを呼んでいる