※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼女に会ったのは昨日の午後の事
病院のロビーで
「私の名前は宇宙と申します」
彼女は言うなり 星屑で出来たスカートを持ち上げ隣に座った

「何故泣いているの?」と聞かれて、涙を言葉にした。
「愛する人がもう戻ってこないから」

「ついて来なさい」と言われ外に出た
景色が変わっていた
空には五つの月がぶら下がり
私の背後にいないはずのあなたが
何も無かったように抱きしめてくれた

足元の石が笑った。彼女も微笑んで言った。
「娘よ、これでも終わりを信じるの?」

あなたと私はどこか平行に存在している
宇宙、宇宙、宇宙
あなたと私の意識はいつでも繋がってるんだ
宇宙、宇宙、宇宙

彼女が口にした最後の言葉は
「永遠とは今」