※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイニ ツマヅイテ ダイタ
振り返る町は埃にまみれて
涼しげな午前の雲が 音もなく追憶の海へ連れてゆく
急ぎ足ふいに乾いて 下を向いてひざまずいているなら
雛菊の空の中を 私は歩いてゆこう

木漏れ日が穏やかに 旅立ちを告げてた
水鳥が最後の夢を見てた

色とりどりのガラスみたいな涙の美しさ
七色は初秋の風に乗るわ
白と黒の記憶もいつか落葉に満たされ
神のお気に召されるように

あの日あの道に枯れてく 名もない花の色を思い出した
すれ違う人の渦が ふるえながら希望の地図を抱いてた
夏草の匂いのような 蒸し暑い午後に二人でいるような
シアワセの沈黙に言葉を失くそう

星の欠片が静かに 始まりを待ってた
鈴虫が最後の夢を見てた

色とりどりのガラスみたいな涙の美しさ
さよならは初秋の風に流れて
白と黒の記憶もいつか落葉に満たされ
神のお気に召されるように

ランランランラン ランランランラン
ランランランラン ウタオウ
ランランランラン ランランランラン
ランランラン ナガレルママニ
ウタオウ