※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

scene1:「地上階」
【微笑-諦観的-】
エーテルの階段 致死量に達してたダリア
天井に急がなくちゃ。「ああもう!ドレスの裾が纏わりつくの!」

※結晶はアイリーンとバネッサ.

scene2:「中廊階」
【微笑-脅迫的-】
エーテルの階段 ぐるぐるぐる三半規管
天井に急がなくちゃ。「間に合わない?」

~888~

scene3.「この時点での心象風景」
まるでセルロイド 踵が壊れて
厭なmonophobia 墜落しませんように

「ドーリス、世界が私の集合体なら呼吸は苦しく無いわ。
ねえ、どうして登っているの?木馬の群れ舞う碧の虚空にKISS。」

※ここでsceen1.とsceen2.は追想される。
何故なら琥珀塔は螺旋の構造を持つからだ。
-サン・ジェルマン伯爵の手記より-

~888~