※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あめあめふれふれ母さんが じゃのめでお迎え…「来なかった。」
幼いアタシの心は波浪注意報、同情するなら傘をくれ。

「今日も雨、明日も雨...」

あらあらあの娘はずぶ濡れだ やなぎのねかたで…「泣いちゃいないわ。」
あれから何年かたった今も、心はいまだに床下浸水中。

「誰か…早く気付いてよ。ココに私が在るって事に」

雨に唄えば、風に唄えば この胸の中の雲もいつの日か晴れるかな。
雨の日もblues、風の日もblues 唄い続けたなら雨上がりの虹も見れるかな。

「誰か…そっと連れだしてよ。この雨に全て流されちゃう前に、涙に変わる前に。」

雨に唄えば、空に唄えば その胸の中の雲もいつの日か晴れるんじゃない?
雨の日もblues、風の日もblues 歩き疲れたならたまにゃ雨やどりもいいんじゃない?

泣いてもいいんだよ?
わめいてもいいんだよ?
意地もプライドも全部洗い流してしまえばいい。

Singin'the Rainy Blues, Song for the Rainbow Blue
その涙枯れたなら空も明日はきっと晴れるだろう。