※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

嗚呼…風に抱かれて
愛は彼方へと吹く
ふいに仰いだ昊は
眩しすぎて
静かに漂えば懐かしさ
この心揺らめきます
天に星地には華
私には貴女がいて
抱き寄せて接吻けて
微笑み交わして
嗚呼…風に抱かれて
愛は彼方へと吹く
ふいに仰いだ昊に
包まれて流され
そっと髪を靡かせて
背を向けた貴女からは
あの日々の香りがして
泪頬を伝う
風に抱かれて
愛は彼方へと吹く
ふいに仰いだ昊は
眩しすぎて

もっと傍に居られたなら
もっと早く気付いたなら
指を絡め離さないまま
永遠に生きて
風に抱かれ愛は消えて行く
光る風に抱かれて
愛は彼方へと吹く
ふいに仰いだ昊は
淡色に染められて
夢の吹く頃薫る華が散る頃
瞳綴じれば今も貴女が居て