※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

消え逝く意識は
緩やかに
眩い光に導かれて
天を喚ぶ
叶わぬ願いを抱きつつ
遠退く背中を見護る
唯 時は廻る
懐かしさも滲んで
この心までも
細やかに煌めく
触れられぬ
もどかしさに
苛まれ今を知る
悲しい運命に囚われて
悼みに この躯を
蝕まれて

忘れかけてた
錆びれた契り
想いと伴に添えて
唯 時は廻る
懐かしさも滲んで
この心までも
細やかに煌めく
触れられぬ
もどかしさに
苛まれ今を憶え
届かない輝きさえ
愛しさに
貌わればいいと…