※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そう時に阻まれ
流れ流れて
朽ち果てて迎えた終焉も
命を握る運命でさえも
心を変えられない
穏やかに舞う粉雪よ まだ
私の記憶 溶かさないで
風に運ばれた 春の彩りが
私を包み込むの
母のごとく
懐かしい唄に
ゆらり揺られたら
静かに吐息浮かべ
瞳を閉じるの

そう数え切れない
痛みに伐たれ
不揃いな足跡 刻み付け
意識は今も漂い続け
不思議と導かれる
幼い頃を抱き締め歩く
目隠しのまま 神の指先を

最期の時を迎える朝に
頬を撫でるの 沙羅双樹が
風に
風に運ばれた 春の彩りが
私を包み込むの
母のごとく
懐かしい唄に
ゆらり揺られたら
静かに吐息浮かべ
瞳を閉じるの
そして時は過ぎ
ふと気付くでしょう
巡り巡り続ける楽園だと