※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

むかしむかしあるところに
   ふたりの♂&♀であいました。
目と目が合って臆すpureなMs.の妖精
   ♂は思わず「カワイイね。」と言いました。

やがて二人は恋に堕ちて
信じられそうな運命見つけて

夜の砂浜 無数の星 水の羽衣纏う月影
微笑むMs.__「大好きだよ。」

ドキドキドキドキトキメキヨセル
‘‘oh-Ms.Mermaid‘‘
無口で無垢で夢中にさせて
まさか泡になるなんてないよね?ないよね?

月日は巡りアイコトバもう今更・・・と安心してた
・・・気づけなかった Ms.__の不安

「二度と開きません様に。」とアイを込めたアノ日。
今、もう他の誰かがその貝を開いた

ドキドキドキドキトキメキヨセル
‘‘oh-Ms.Mermaid‘‘涙の理由を僕に教えて
まさか泡になるなんてないよね?

‘‘oh-Ms.Mermaid!‘‘ ‘‘oh-Ms.Mermaid!!‘‘
「ずっと一緒だよ?」
約束したじゃない!・・・約束したじゃない!
            I still Love・・・