※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

緑葉が星空に綺麗な樹形を描いて、
地面を彩る桜の花弁、暖かな風に舞った

君は嬉しそうに、息を吸い込んで、瞼で風感じ、
隣の僕の腕、何気なくしがみついては『しあわせー!』と、叫んだ。

Ahーこんな日々がずっと続けばいいのにと夜空に願った。
『どうか二人に”ほんの少しの幸せ”を永遠にください…』

君が近くにいるってすぐ分かるよ。
キセリユズの香りが何よりも君の笑顔を思い出させるから。

何度も会わなければいけな程話すネタもないけど
          『君の酸素でいさせて。』
胸が苦しくて、声が聴きたくて、ただ、会いたくて。

Ah-こんな日々がずっと続けばいいのにと夜空に願った。
『どうか二人に”ほんの少しの幸せ”を永遠にください…』

The two thoughts cross each other here.
(ここには二つの思いが存在している)

Love and Hate…but…
(愛、時に憎しみ…だけど…)

We must live in the present.
(僕等は過去未来にこだわらず今を生きるんだ)

Be happy "Your love"little,love"Your love"long
(ほんの少しの幸せを、永い愛で。)

この地球上で、何億の人の中で、
僕を選んでくれた奇跡よ、ありがとう。

時々ケンカするのは、無意識に愛の深さ測るから
途中で理由さえ忘れて笑って、改めて気づく君への愛

Ah-こんな日々がずっと続けばいいのにと夜空に願った。
『どうか二人に”ほんの少しの幸せ”を永遠にください…』

いつも二人で"ほんの少しの幸せ"を誰よりも大きな愛で。