※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

色褪せていたあの日の夢も、挨まみれだった未来図も、
君がいつもそこで見ててくれてたから
叶わないと弱音吐いていた日々も、遠回りしてただけの道も
乗り越え僕は今こうしてココに在るんだ。

僕は何してあげれたのだろう?何してあげれなかったのだろう?
あれからずっと自分に問いかけてみたけど、
何度心の扉たたいても胸の奥ひきだし開けてみても
出てくるのは楽しかった思い出ばっかりで..

ただ僕はずっと愛してた。
それだけ、ただそれだけだったけど僕にはそれしかなかったんだ。
そして今も変わらず愛してる。

いつか星のキレイな夜空に2人並んでお願いしたよね
あの時のお願いはもう忘れちゃったけど、
この瞬間がずっと続けばいいと想った事だけは覚えてるよ。
今思えばそれもお願いすればよかったね。

でも、神様なんていない。
君が星になった時そう誓ったんだ。
僕には神様なんて要らない。そこに君が、君さえ居てくれれば。

君のいないこの街は今日も相変わらずバタバタせわしなく、
まるで何事もなかったかの様に暮れていく。
足早に過ぎてゆく年月と、そっと移りゆく季節の中で、
ふと夜空を見上げる度あの日を想うよ。

そして僕はそっと願うんだ。星になった君に願いを。
「もう大丈夫、一人で立てるから」と。だって僕は独りじゃないからね。

そして僕は君の分も生きてく。
君も僕の中でずっと生きてくんだ。
だからまたあの頃の様にずっと側で見てておくれ。

When I wish upon you,君に願いを。