※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

風はそっと優しくほのかに馨り記憶を集め
風はそっと優しく瞳に景色を呼び覚ますのです

『冷たい』
感覚の薄れた手にいつも温もりを与えてくれたのは
君との約束でした

今更気付いた浅はかな迷いは変貌を恐れ凍りついた
魔法によるものでした

透き通った体に鮮やかに  色を付けるのは君

重ねた指  弦を揺らし  名も無き未来を描き
重ねた紅  喉を鳴らし  名も無きうたを響かせる

しだいに
雪溶ける僕は君の声と高らかに
謎解ける僕は澄んだ音階と跳ねる

絶え間なく激流の向こう岸へ  ずっと
叫び続けていたんだ  ずっとね

季節の河に流されぬように  手を繫いで渡ろう

『八月の空揺らした小指の約束覚えてる?
あの時くれた君の声は一度も色褪せはしない』

重ねた指  弦を揺らし  名も無き未来を描き
重ねた紅  喉を鳴らし  名も無きうたを響かせる