※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

月明かり 掻き乱れます【左脳】
海の音 ぴちゃぴちゃ響く【右脳】

君の蜜 こびりついてた【左脳】
「足りないよ。」 咽喉が渇いた【右脳】

あいらひゃいやういさふぃおらい。
(※焦燥の対象をサーチする触覚が受信した幻聴)

今もずっと続く、胸騒ぎが心地良いよ、ただ。

水面に口づけ、僕は蒼く濡れた蝶
沈んでいたいよ 君は甘い海だから
踊りましょう、溺れましょう。
奥深くうねるよ舞踏会-パーティ-
舌越し、口づけ 肺が溶けてゆけば…。

「さあ、定点観測をはじめようじゃないか!!」
一つ目の珊瑚礁を右に
二つ目の珊瑚礁を左に
三つ目の珊瑚礁を上に
四つ目は、君の瞳に。

今もずっと続く、胸騒ぎが止まらないよ、ねえ。

暗い暗い海に、深く深く落ちて
ひとり寒く眠る君を照らすよ
空と太陽より 君の海を選ぶ
蒼い蝶々、 「憶えてて」と願った。