クロウ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

脳内ルール押し付け最上級キャラにして自演厨(自分では成功していると思いこんでいる)



「限定カード3枚積みOKだなんてコナミは言っていない」
「ストラク限定カード3枚積みはマナー違反」
「資産のある人は、決闘をせずに資産のない人のサポートに回るべき」
「労働者はお金があって有利すぎるから決闘をやめて、自分たち貧乏人に高レートなどを施すのが正しい」
などの理不尽極まりないルールを押し付け、賛同しない人間を冷たいと否定する。
彼はこれらの理不尽ルールを受け入れないことこそが脳内ルールであるとしており、
あくまで自分は、脳内ルール押し付けの自治厨に不当に叩かれた被害者としている。
自分の考えがただしいと信じて疑わず、貧乏な自分を悲劇のヒーローと勘違いしているらしい。

また、「買えないならトレードする」という発想は持っていなかった。
あるいは、自身の自演キャラ以外に友達もいないのかもしれない。

デッキはいろいろいいつつも低予算で組めるデッキを組む気はないらしい。
その他、サイドデッキは「相手の資産に合わせてデッキのレートを調整するため」のものと主張し、一般的なデッキの弱点の対応やサイドデッキの高レートカード投入を批判している。
身内プレイの選択肢はなく、彼の掲げる平等(笑)で大会で勝ちあがれる世界を目指している。

また、周囲への冷たい人間発言の延長でついに、
「バイトや仕事をすると、ここまで困ってる人に冷たくできるのか…
 それなら私は、裕福でも貧しくても、平等になれる世界になるまで仕事なんかしたくない」
と、ニートとして社会と戦うことを決意した。
勝てるわけもない道だが、彼の未来にある意味で期待したい。

その後「かまきり」「マンティス」「ジャンプ」などというすばらしい仲間たちが彼に共鳴、クロウの意見を賞賛しまくり出す。
彼の自演なのは明白であり、キャラの使い分けどころか、文体の変化すら行っていない粗末なものだったがいくらツッこまれてもとぼけ続けた。
しかし突撃厨凸(現・でこ)がかまきりに向かって「クロウさん」と呼びかける単純な”かまかけ”を決行すると、かまきり名義のままあっさり返事をしてしまうというボロを出し笑いものになった。
本人は 「友達の名前を呼ばれて間違って自分が返事をしてしまうなんてよくある話でしょう」 とごまかそうとしたが 「絶対にないだろ」 というツッコミを受けた。


その後、キャラ分けのなさをバカにされたのが悔しかったのか

クロウ=大人びたリーダー格
かまきり=過激派
ジャンプ=穏健派

というキャラ付けをし、ついには自演キャラ同士で仲間割れして責任を押し付けあうという無駄な努力まで始めた。
サーチスレにおいて「マンティス」「ジャンプ」に対し、
「お二人の言われること一々ごもっともでうなずいてしまいます。これからもサーチ反対派の代表として頑張ってください」
として自演を褒め称え、 「ツインバスターズ」 というかっこいいと思っているのは本人だけの痛い名前を与えた。

脳内ルールキャラに加えて厨二病がひどく、自分のことを
「常に正しく論理的な発言をしている」
「自分と意見をともにした人間すべてに頼られる切り札的ブレイン」
「サーチが社会的に許されない悪(犯罪)と知りながら、
 そうしなくてはカードが集められないほど貧乏だからやるしかなくて葛藤している」
「認定の弱者を助け、治安を守っているのは自分である」
という認識をしているらしい。
支離滅裂で、誰にも信頼されず、勘違い系悲劇のヒーロー気取りという現実を、まるで理解していない。
自称するかぎりでは理論的思考が得意らしいが、筋の通った理論を見せたことは一度もない。
議論に突撃するのは、どうやら何かの議論で「俺は正しいことをいっている」と証明することで、
自分の脳内ルールも「正しく生きてる俺がいってるんだから正しいんだ」と証明したいからのようだ。
なお、議論では同じ意見の人間からも「クロウさんと同じ意見というのは嫌ですが~」などと前置きされるのが定番。

チヨの暴走による一斉アク禁以降レスがなかったが、
突然に復活し「闇夜に生きる刃 ブレイブマンティス」というチームを立てた。
本人は治安維持のヒーローと名乗っているが、
当然のように地味だった認定を再び炎上させている。
なお、その際に倒したはずのOver Shineの名前を使って自分を擁護するレスをさせ、
多重HNによる悪用がばれて劣勢になるとすべてOver Shineらの陰謀であるとした。
いまだにIPのことは全く理解していないが、今の認定住民も理解していない人間が多いので時間は稼げている。
結局都合のわるい質問はスルーや超理論で片付ける自称理論的思考は改善されておらず、
さんざん叩かれて劣勢と見るや
「誰も私の気持ちも苦労も解りませんよ(怒
 話すだけ無駄なのでロックします。
 コレは逃げじゃありません。治安を守る為です。」
と、負け惜しみを残して再び逃亡した。
結局、自分のわがままを強制させることしか頭にないただの馬鹿でしかなかったようだ。

上述のとおり、反サーチとしての意見を繰り返していながら、
本人は「貧乏だからしかたがないんです(涙)」とサーチャーである。
硝子が「質のいいものを選ぶのは消費者の当然の権利」としてバナナを例にあげたのに対し、
「ではあなたは、バナナのようにカードを食べるのですね」
と意味不明な発言をした。
どうやら、彼の中で売り物は「食べ物」「それ以外」の二分であるらしい。
また、「コナミは商品を盗んではいけないといっていないから万引きは許されている」という超理論を掲げた。

雑談掲示板のデュエル・マスターズのスレにて、デュエル・マスターズのプレイヤーであることが判明。
かけもちをやめろという声もあるが、サポートしてくれない人たちがわるいと思っているようだ。
普通にお金がある人間でも本気出続けるなら掛持ちをやめるところであるのだが、
彼は貧乏なくせに思考はセレブレティで、やめる気はまったくないらしい。
もちろん、どちらのゲームでもレヴェルは低く、それをサポートしない周りのせいにして言い訳している。
さらに、最近はポケモンカードまではじめたようだ。

Over Shine硝子ら武器スレの連中に対し、「武器を買うことを警察に通報しないであげた」貸しがあるという。
彼らを警察に通報できる証拠があるのだという切札があるつもりのようだが、
現実には模造刀や居合刀は所定の手続きを得れば合法なため、逮捕されることはまずない。
そもそも社会の仕組みや現実を全く理解していないようだ。
なお、「彼らには完膚なきまでに勝利した」「あんな連中は眼中にない」としている。



また、オリカでケチュア語をケフィア語と間違う頭の悪さも披露。


ENDLESS PAIN AVENGER 投稿者:クロウ 投稿日:2009/05/30(Sat) 10:27 No.25029
前回は エルさん NTさん 返信ありがとうございました。
今回は遂にラスト3枚。本腰入れて作ってみます(何其

地縛神qhocha wask'a kunka katari
星10 闇属性 海竜族 攻撃力/2000 守備力/2000
  • 《地縛神》と名の付いたモンスターはフィールド上に1枚しか表側表示で存在する
事が出来ない。フィールド上に表側表示でフィールド魔法カードが存在しない場合、
このカードを破壊する。相手はこのカードを攻撃対象に選択する事はできない。
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃をする事が出来る。自分フィールド上に存在
する海竜族モンスター全てはこのカードが攻撃宣言を行ったバトルフェイズ中以外で
魔法・罠・他のモンスター効果を受けない。自分のメインフェイズ1の終了時に自分
フィールド上に海竜族以外のモンスターが存在する場合、自分は次にバトルフェイズ
を行い、そのバトルフェイズの開始時にこのカードで攻撃を行う。(この場合にこの
カードが守備表示の場合は攻撃表示に変更して攻撃を行う)

※単語はケフィア語で qocha…湖/wask'a…長い/kunka…首/katari…蛇 の意味。

粘着質やナルシストが加速しているが、このまま崇高なる同志ジェダイのような惨めな人生を歩むのだろうか。



日時: 2009/01/08 23:57
名前: レイヴン [pv01proxy01.ezweb.ne.jp]

かまきり さんで
認定では少し揉めていたみたいですが、あの人のプレイングは凄いです。

そして低レートのカードで構成されているにも関わらず強い

かまきりさんも追加希望で


どうやらナルシストとしての一面もあるようだ。