ベクトルポテンシャル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

その回転として磁場を与えるベクトル関数が存在する。

仮定

磁場の発散が零であること。

結論

\bf{B}(\bf{r})=\nabla \times \bf{A}(\bf{r})
\bf{A}(\bf{r})=\int^{\bf{r}}\mathrm{d}\bf{l}\cdot \bf{E}(\bf{r})
なるベクトル関数\bf{A}(\bf{r})が存在。

特徴

電場とは異なり、磁場の発散は恒等的にゼロなので、ベクトルポテンシャルはどんなときにも定義できる。 また、このベクトルポテンシャルはその適当なスカラー関数の勾配の和に対して不定性がある。


関連項目

スカラーポテンシャル

スカラーポテンシャル・ベクトルポテンシャル

外部リンク

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。