※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[ほす] 投稿日:2009/04/21(火) 12:18:47 ID:jLxBtE1l

~土曜日・結社にて~

イガグリ「…まずい、非常にまずい」

マツクニ「…」

イガグリ「どいつもこいつもしくじりおって…
穏健派の矢作には勝たせるなとあれほど言った」

音無「…」

イガグリ「先週はわしとブエナちゃんがいたからよかったものの…
危うく騎手団と繋がりの深い幹夫に''桜''を渡す羽目になるところだった」

池息子「…」

イガグリ「愚鈍の集まりだな、ここは?」

角居「あらあら、容赦ないわね」

イガグリ「元老の存在意義を考えてみろ、第一…」

最強「黙れ」

イガグリ「…あ?」



511 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 12:47:50 ID:jLxBtE1l

最強「命令はやめろ、ここはそういう組織でもあるまいに?
たまたま貴様が議長という椅子に座しているだけで、そこまでの権限を与えたつもりもない。
保身に躍起になるのは結構なことだがな」

イガグリ「な…!?」

最強「わしは、最強の剣を求めて生きている…
そのわしにとって、元老は都合の良い場所だと思い名を連ねた。
しかし、もはや意味は無いようだ」

橋口「…」

音無「…」

最強「去るぞ、わしは」

イガグリ「…勝手にせんか!!」

最強「くく、ヤマアラシならぬ、毬栗のジレンマだな?
まぁこの場合、相当に歪んでいるがな…」

イガグリ「…去るならさっさと去れ」

最強「ふん…じゃあな、皆」

池パパ「お、おい…」

池息子「パパ、止める必要なんてないんじゃない?
…僕も抜けさせてもらうしね」

イガグリ「!?」

角居(潮時、かしらね…?)