※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

189 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[ほす] 投稿日:2009/03/24(火) 03:57:09 ID:D1zJs+dO

藤岡「…ここは…どこだ…?」

藤岡「競馬場の、芝コースの…直線?
でも、こんな長い直線は見たことが無いな。
前後方共に、肉眼じゃあコーナーを確認できないぐらいだ…
周りも霧みたいなのに包まれてて、景色もまったくわからないし…やけに閉鎖的だな…
ていうか、俺はいつの間にこんな場所に?確か、自分の部屋で…」

「ブルルン」

藤岡「!?なんだ、俺、馬に乗ってるのか…
今の今まで気付かないなんて有り得ないし、余計に訳が分からなく…」

「ヒヒン!」

藤岡「っておい、勝手に走り出すなよ!ホーちゃん!…ん?」

藤岡「ホーちゃん…なのか?」

「あぁ、俺だよ」

藤岡「!?」

190 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 04:10:36 ID:D1zJs+dO

「おいおい佑介、何を驚いてる?少し速すぎるか?」

藤岡「まぁ、普段のレース中よりはかなり速いかも…
…じゃなくて!ホーちゃん、しゃ、しゃ、喋っ…」

「ははは…まったく、相も変わらずおかしな奴だな、君は」

藤岡「な、な…」


「それより、ほら、見えてきたぞ」

藤岡「…これは!?」

「…仲間、だ」

藤岡「…内外のラチに添うように、馬場に墓が並んでる…
しかも、先が見えないぐらいにずらりと沢山…」

「さぁ、すこし速度を落とす…佑介、一つ一つの墓をよく見てくれ」



191 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 04:25:40 ID:D1zJs+dO

藤岡「見てくれ、って…本当だ、一つ一つに文字が刻まれてる」

「それらをよく見るんだ、佑介」

藤岡「うん…なになに、夢は…時により…実り…トキ………ル…」

藤岡「…盾に生き…名優…メジ………マッ……」

藤岡「…あの鳥は…遥か海…翔んでゆく…エル…コン……サー…」

藤岡「…なんなんだよこれ、みんな馬のものじゃないか」

「あぁ、そうだ。ここは…刻の寝所だ」

藤岡「え…っ?」

「歴史が、静かに、安らかに眠る場所、ってことだよ」


193 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 11:02:04 ID:D1zJs+dO

藤岡「えっ、それってどういう…」

「おや…誰かいるね」

種「…」

藤岡「…豊さん!?」

種「…静謐なる…日曜の…朝……」

藤岡「…豊さん?」

種「ごめんなさい…ありがとう……サイ…スズ……」

「君の声は届かない…彼はここで謳い、そして歌っているから」

藤岡「え、でも、ぶつぶつ言ってるだけ…」

「たとえメロディが無くとも、言の葉に想いを乗せて放てば…
ほら、まわりを見てみなよ」

闇「…」

ポツン「…」

先生「…」

藤岡「うわっ!?い、いつの間に!?」

194 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 11:16:58 ID:D1zJs+dO

藤岡「他にも、いっぱい騎手が…皆、墓の前で何か言ってる…」

「ふふ…さぁ、佑介、ついたよ」

藤岡「…馬場の真ん中に、一つだけ墓が…?」

藤岡「って、今まで左右にずらーってあった墓が消えてる…
…皆もいなくなってるし」

「降りて」

藤岡「え?」

「降りて、自分の足で立って、そして墓を見るんだ」

藤岡「う、うん…」



195 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[] 投稿日:2009/03/24(火) 11:32:39 ID:D1zJs+dO

藤岡「薔薇色の…血……十字……ローゼ……クロ…」

藤岡「これはっ…!!」

「君は何を思う?」

藤岡「ほ、ホーちゃん…」

「…もう一度墓を見て」

藤岡「…あれ、さっきの文字が消えて…何も書いてない?」

「…」

藤岡「ホーちゃん?これは…」

「そこにいずれ、俺の名前が刻まれるとしたら」

藤岡「…え?」

「その時、君は何を思う?佑介」

藤岡「…」

「重きモノを共に追い続けてきた友が、文字に変わる。
力を合わせ、紋章を手に取り合った相棒が、歴史に変わる。
その時、君は何を思う?」


197 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 11:57:30 ID:D1zJs+dO

藤岡「…」

藤岡「………俺は」

「…」

藤岡「クロイツのとき、すごく悲しかった…
これは俺のせいだ、俺が殺した、俺が悪い、俺が、俺が、俺が…
そう考えたら、つらくてつらくて…」

藤岡「…でも」

「でも?」

藤岡「だからといって、逃げても何にもならない。
この職についた以上、乗って、頑張って、勝って、負けて…
…死を見て、死を触れて、そうしてまた頑張っていかなきゃならない。
騎手がそうでないと、走ることも無いまま死んでいく馬も増える…」

「…」

藤岡「だったらせめて、俺が頑張ることで何か補いたい。
勝って、いい所で休ませてやりたい、いい物食べさせてやりたい」

藤岡「…独り善がりで手前勝手な考え方だとは思う。
だけど、そうでも思っていないと…正直、つらい」

「…」

藤岡「…まぁ、正直、毎日迷いまくってる。
正しい答えなんて、永遠に出そうに無いよ」

198 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 12:08:59 ID:D1zJs+dO

「…すごいね」

藤岡「…え?」

「命を、罪を背負い、生きていくこと…
きっと迷うこともある、悩むこともある。
でも、一度背負った以上、止まっちゃいけない。
…止まれば、きっとその重さに耐えられなくなる」

藤岡「…」

「すごいし…強いよ」

藤岡「…俺は…強くなんか、ない…!!」

「え…?」

藤岡「…後悔しない日なんてないし…!!
馬にくらべて、自分の無力さに腹も立つ…!!
それに、それに…今、ホーちゃんがもし俺のせいで死んだらって、そう考えただけで…
俺……もう…うっ……ひぐっ…」

「ゆ、佑介…」



199 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 12:22:36 ID:D1zJs+dO

「…実は、俺は、スーパーホーネットだけどスーパーホーネットではない」

藤岡「…ひぐっ……」

「俺は、スーパーホーネットでもあり、ローゼンクロイツでもあり、また歴史でもある」

藤岡「………く、クロイツ?ご、めん、よクロイツ、俺、俺っ…うう…」

「あわわ…つまり、あちらの世界のスーパーホーネットとは、似て否なる存在。
…大丈夫、今頃本物のあいつはぴんぴんしてる」

藤岡「………」


「…話せてよかったよ、佑介。そろそろお別れの時間だ」

藤岡「えっ…あれ、周りの霧がはれて…ここは…阪神競馬場?」

「彼からの言伝を告げるには、この場所が一番だと思ってね」

藤岡「…?」



200 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 12:33:27 ID:D1zJs+dO

「佑介、君の覚悟は聞かせてもらった」

藤岡「う、うん…」

「わざわざこんな所に呼んで悪かったね。おそらく、もう君がここに来ることはない」

「そのまま、迷いながら、泣きながら、笑いながら、馬を愛して生きてくれ」

「最後に、君の大好きなホーちゃんからメッセージがある」

藤岡「…」


「次は大外ぶん回すなよな…いつもありがとう」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~

藤岡「…ここは…どこだ…?」

藤岡「独身寮の…俺の部屋か。
ってことは、あれは…」

藤岡「夢、だったんだな…当たり前か…」



201 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/24(火) 12:46:37 ID:D1zJs+dO

藤岡「にしても…変な夢だった…」

福島「どんな夢だったんですか?涙の筋が頬に付いていますが」

藤岡「…ホーちゃんやクロイツと、芝の上で語ったんですよ」

福島「ほう?」

藤岡「ははは…大外ぶん回すなって、そう言われました」

福島「それはそれは…それにしても、佑介、いい笑顔をしている」

藤岡「そうですか?泣いたり笑ったり、忙しいなぁ俺…」

藤岡「祐一さん…今週からも頑張りましょうね」

福島「まったく、何を今更当然のことを?
僕は毎週全力です、んふ」

藤岡(そうだ、うだうだ悩むなよ俺…今は全力で頑張るのみだ…
挫折して止まりそうになったときに、この夢をまた思い出そう…)

藤岡「…あ、そうだ祐一さん」

福島「なんでしょう」

藤岡「何故俺の部屋に?」

福島「…ふんふ!!」


「佑介、君ならやれるさ…」