※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

28 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 20:29:33 ID:uInbxJ+v

齧嗤「捉えたぁーっ!!かわしたぁーっ!!ブエナビスタ今一着でゴールインんーァッ!!
邪気が違ううーぁ!!女王に、一点の曇り無しィィィいいんっはぁ!!」


國恭介「よっと、今のが土曜阪神メインだ」

松山「あぁ、サンキュ。Jakitubeは便利だな」

國恭介「俺は俄然ヤミヤミ動画派だがな…ヒャハハハ…」

國恭介「…で、どうよ」

松山「どうって?」

國恭介「決まってんだろ、レースの感想だ」

松山「あぁ、それな…」

30 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 20:35:45 ID:uInbxJ+v

松山「やっぱ緊張したな、先輩方の邪気に包まれながらの…」

國恭介「ばァか、違ェよ。今のレースのか、ん、そ、う」

松山「なんだ、そっちか…」

松山「…もの凄い邪気だな。びっくりするよ」

國恭介「あぁ…」

松山・國恭介「「あの二人」」

福島(んふ、何やら楽しそうな話ですねぇ!)

猿(盗み聞き大好き!)

 

34 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 21:31:30 ID:uInbxJ+v

松山「副総統はまぁ当然として、藤岡さんだよ。
あの、可視できるほどの邪気を前にして、何一つ動じず…」

國恭介「ヒャハハハ…ちなみに、昨日は大仕事は無かったかわりに、2勝してる」

松山「ただ者じゃない、ってことかよ…
総統が邪気を放ってきたときの、あの態度にも納得がいくな」


猿(ねぇ祐一君、昨日のセイウンワンダー…正直どう思った?)

福島(んっふ!昨日はお互いに''障気にふれた''ということで…
もう忘却しましょう、岩田君)


松山「あ…」

國恭介「そ、総統!!」

種「やあ、君たちは今何を見ていたんだね?ん?」


福島(ほおら、また面白い展開ですよ!?)

猿(これだから邪気傍受-ヌスミギキ-はやめられない!)

福島(さっき普通に盗み聞きって言ってた気が…)

35 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 21:44:44 ID:uInbxJ+v

種「面白い話をしていたね」

松山「は、はい!藤岡さんの話を…」

種「佑介な、あいつはいい邪気をしているよ」

國恭介「やっぱり…かなりの地位に?」

種「あァ、あの年で四天王だ」

松山「す、すげえっ…!」

國恭介「四天王っていやあ、かなりの邪気とライドパワーをもつ四人だとか…」

種「未だ見つからぬ後継者が見つかり次第、彼らと俺・闇でサポートする必要がある。
そのために、わざわざ実力者を集めてあるのさ」


猿(いや~、照れるな~)

福島(ふふふ…にしても、総統…
佑介の正体、彼らには隠すつもりのようですね)

猿(わざわざ遠回しな表現してたもんね…何故だろ?)

福島(おそらく、彼らはまだこちらに来て日が浅い…
信用に足る人物がどうか、見極めるのでしょう。
EMは類い稀なる結束力がウリ、ですからね)

猿(さっすが祐一君!惚れちゃうぜ!)

福島(よしてください、僕は佑介一筋ですよ…んふんふ…)

猿(冗談、だよなぁ…?)

38 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 22:02:53 ID:uInbxJ+v

種「まぁ、我が結社の詳しい仕組みは、ここで暮らしていくうちにわかっていくさ」

松山「はい。正直、凄い人だらけでびびってますよ」

國恭介「俺もです…才能ある皆さんが羨ましい、分けてほしいぐらいっすよ…」

種「ねだるな」

松山「はい?」

種「勝ち取れ」

種「…さすれば与えられん」

松山「………はい!」

國恭介(ヒャハハハ…かっけえなぁ…)


福島(か、完璧なパクリじゃないですか…)

猿(何の?)

福島(今週末の中山…いえ、何でもありません)

 

39 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 22:13:09 ID:uInbxJ+v

種「っふ、まぁ頑張ってくれ…期待している…で、だ」

松山「何でしょう?」

種「さっき、二人で何を観ていた?」

國恭介「あぁ、土曜のチューリップ・トロフィを少し」

種「………」

國恭介「?」

種「…着だ?」

松山「…そ、総統?よく聞こえ…」

種「俺は何着だ?言ってみろ」

松山「は…?えっ、と…」

國恭介「え!?総統乗ってたんですか!?」

松山(バッ…こいつ…)


福島(どうします?)

猿(猿は去る…)

福島(今イチですねぇ…さ、退散退散)

猿(闇詞は難しい…)

 

40 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 22:21:55 ID:uInbxJ+v

種「言うじゃあないか、國分君…くっくく…」

國恭介「…え!?え!?何この邪気!?」

種「松山君…俺は何着だ?…言え」

松山「(拷問だ…)いち、さん着かな?なんて…あはははは…」

種「カカカ…俺をあざ嗤うか、中々に肝が据わっているな?」

松山(終わった…)

種「ほぉら、肝の据わっている二人に、極上の邪気だ…受け取れ…ククク…」

國恭介「ぶくぶく」


藤岡「ん?あれは、豊さんに新人君達」

川田「行ってみよう」

42 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 22:34:24 ID:uInbxJ+v

藤岡「豊さん!」

種「…ん?」

松山(ふ、藤岡さん!?)

藤岡「何やってんですか」

種「っふ…ちょっと、な」

川田「おわ、何だここ…障気濃いな…
タンロッ…くっ…俺の中のッ、アイツが、目醒め…」

藤岡「ああ!将雅!…つか國分君泡吹いてる!」

藤岡「…豊さん」

種「ククク…」

藤岡「何してたんですか」

種「ふん…かくかくしかじかァ…」

藤岡「…また八つ当たりですか」

種「軽い冗談だよ…カカ…」

藤岡「…………冗談は目線だけにしなさいって、いつも言ってるでしょうがっ!!!!!!」

松山(ぐああああっ!!!凄い、藤岡さん、総統並の邪…
………いや、馬鹿な?そんなはずは…!?)

川田「ホォォォオーイ!!!!」

松山(うわっ、川田さんからも物凄い邪気が…
何者なんだ、この人達っ…!?)

 

46 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/10(火) 00:36:07 ID:ZHZTp5jV

種「ふん…そういう遺伝子レベルの話はよさんか…
誰かさんの顔が、やけにホーちゃんに似ているのと同じだ…くくく…」

藤岡「な…!!!こら、ロンシャン見てないでこっち見てください!!!」

種「ほう、二度もこの眼のことを言うか…
どれ、第三の眼を見せてやろう…カカカ…」

川田「タン…ロン…我は邪神なり…
彼の者を依代とし、この地に降りた…ツツツィ…」

藤岡「何が邪神だ!!何が馬面だ!!あぁ、もうやってられない!!」

松山(あ、あぁもう無理…さよなら…)


藤岡「…あれ?松山君?」

種「どう見ても倒れてるな…カカ…」

47 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/10(火) 00:44:57 ID:ZHZTp5jV

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

松山「う、うう…ん…」

國恭介「あ、気が付いた」

藤岡「よかった!大丈夫?松山君」

松山「あれ…?俺、まさか…」

國恭介「凄い邪気にアテられて、気絶したんだよお前。
ヒャハハハ…まぁ、俺も気が付いたのはついさっきなんだが…」

藤岡「ごめん、松山君…俺のせいだ…
俺が、豊さんにつっかかったのが原因で、事態をヒートアップさせてしまった」

國恭介「いえ、俺が総統に失礼なことを言ったのが悪いんですよ」

松山「俺もうまくフォローできなかった。俺達の過失です。
だから頭を上げて下さい…」

松山「藤岡さん…いえ、兄貴」

藤岡「!?」

 

49 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/10(火) 00:57:26 ID:ZHZTp5jV

松山「俺達みたいな凡庸な下の者のために、総統に立ち向かうその姿。
真っすぐな物言いに、感動すらおぼえるほどの邪気力。
総統や川田さんも格好良いですが…兄貴はそれ以上ですよ!」

藤岡「えっと…その…あれ…?」

國恭介「…そういうことなら、俺も。
俺達は五分の兄弟みたいなもの、つまりこいつの兄貴は俺の兄貴…
てなわけで、これからよろしくお願いします!兄貴!」

藤岡「…」

松山「兄貴!」

國恭介「兄貴!」

藤岡(……………………

……悪くないじゃないか)

松山「兄貴、この辺案内してください!」

藤岡「…」

藤岡「ま、まかせろ」


福島(何があったか知りませんが、EMの将来は安泰のようだ…)

猿(あそこで倒れてんのは誰だ?…将雅か)