※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sageほす] 投稿日:2009/03/09(月) 10:31:41 ID:uInbxJ+v

藤岡「えらく楽に逃げれるな…
やっぱり、みんなアンカツさんを警戒してるのか?」

「第3コーナーに各馬さしかかります」

藤岡「ひょっとすると、ひょっとしちゃうんじゃないか!?これ…!!」

恫喝「ちっ、水属性が効きすぎてやがる…
思ったよりも前にいけん!」

福島「んふ、確かに、楽に上がっていけないフィールドですねぇ…おや?」

恫喝「…!!なんだよあの速度…あの邪気…!!」

池添「亜空間走法-マ・クリ-…もうここまできやがっただと?」

福島「やれやれ、このフィールドをあの速度ですんなり上がりますか…
悲しいが、これは確かに''絶景''だ」

「外から一気にブエナビスタ、あっという間に先団にとりつくっ!!」

闇「くっくっ…やろうか佑介、二人きりのパーティだ…邪気の渦の中で…」

 

17 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 10:40:37 ID:uInbxJ+v

「さぁ、直線に入った!!先頭はサクラミモザ!!」

藤岡「チューリップ男、なんて言われたりして…ふふふ…」

闇「佑介の奴…笑ってる?
…ふん、おもしろい。さしずめ
『いずれ総統になる者の邪気、ライドパワーを存分にお見せしましょう…きなさい』
といったところか?」

闇「まったく、成長したもんだ…なぁ種…ん?種?どこだ?」


種「なんだこの手応えは…?
…そうか、組織が…組織が俺を…終わる世界…くく…」

幸「総統、少気触…」

 

18 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 10:53:35 ID:uInbxJ+v

「残り300といったところ、まだサクラミモザが粘る!!」

闇「…ちっ、本格的にまずいか?
毬の奴は、本気でいかず軽く勝ってこいとほざいていたが…
まさか前でこんなに粘るとは…計算外だぞ、佑介」

藤岡「あれ?あれ?何もきてない…よな?
よし、もう差されないはずだ!あと少し粘ってくれ、ミモザ!」

福島「んんんふ、やはり皆じりじりとしか伸びませんね…」

恫喝「あぁ、あのマ・クリを見て錯覚をおこしかけたが…
やはり難しいフィールドだ」

小牧「チェリーブロッサム、バーーーーンブーーーーゥ!!!」

池添「うおっ…師範代、耳痛いっすよ…
にしても、あれ…副総統、届かないんじゃ?」

闇「…」

闇「…負けるわけにはいかないのでな、久々にやらせてもらおうか」

闇「闇奥義百八手、闇の剣-ダークオーヴァーキル-」

 

19 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 11:04:59 ID:uInbxJ+v

福島「ふんふ!?副総統からもの凄い邪気が放出された!?」

池添「上空まで一気に立ち上がり、その場で放散して…あ、あれは…」

和田「黒、灰、紫…まるで闇色の、虹…」

恫喝「いたのか、竜二…」


種「ほう…出したか、闇が抱えし闇を、百八の一を。
それにしても…ふん、美しいという言葉さえ、あれの前では陳腐だ」

幸「唯贈言葉、絶景」


闇「さぁ、捉まえるぞ佑介ッ…」

20 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 11:19:41 ID:uInbxJ+v

藤岡「もう少しだ!やった…」

闇「新緑に包まれし山々」

藤岡「ん?」

闇「静謐なる小川のせせらぎ」

藤岡「ま、まさか…?」

闇「視界を占める母なる大海」

闇「大地が色気づく雪化粧」

闇「突き抜ける蒼の空」

闇「それらは全て」


藤岡「…ブエナビスタ!?」

闇「そう、Buena Vista…」

「ブエナビスタ凄い脚!差し切ったぁー!!!」

闇「決して見飽きるなよ、この景色…」

 

21 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/03/09(月) 11:41:49 ID:uInbxJ+v

藤岡「くそっ、悔しいなぁ…」

闇「そう言うな…大衆からの支持率を考えれば、大仕事をしたはお前だよ。
さすがの邪気、俺も一瞬焦った」

藤岡「…まさか、これで次期総統確定ですか?」

闇「愚問を、とっくに確定している…この邪な世界に生をうけたその刹那から…」

藤岡「…あんまり変なこと言うと、訴えるかもしれませんよ俺」

闇「ククク…EMに法をおくと?まさか、国をつくる気か…
その志の高さ、さすが新時代の皇帝となりうる男…」

藤岡「次は法廷で会いましょう」

 

種「俺の順位は何だ?言ってみろ…」

太宰「え、えっと…」

種「なァ太宰…その汗は何だ?まさか貴様組織の?」

太宰「い、いやぁ…組織って?総統いったい何を?」

種「あ や し い」

太宰「うわあああああああああああああ」

池添「ご愁傷様、啓介…」