※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

164 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/10(土) 16:51:27 ID:vW96EQ/4O

藤岡「豊さん、大丈夫なんですか!?」

種「ああ…っく…!痛む…奴らか、奴らの仕業なのか…!?」

闇「元老院の仕向けた刺客、か?」

種「おお、闇…まだ確信はないが…やられたよ…」

闇「闇討ちの類か?」

種「それは無い…貴様の専売特許だろうに」

闇「くっく…冗談を言える程度なら死にはしまい。
…盛られたか?」

種「いや…朝は量子たん手作りサンドウィッチだったし…
昼は量子たん手作り弁当だった…ぬかりはない」

闇「その量子たんが組織に関与している可能性は?
…すまん、失言だな」

種「量子たんに限ってそれはない…」

藤岡「(真剣な顔して何話してんだよこの人達…)」 

172 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/10(土) 22:19:31 ID:vW96EQ/4O

闇「じゃあな、明日は家でじっくりと闇歌劇を観て、い、ろ…」

藤岡「あぁ、アンカツさんっ!?」

種「…おい、どうした闇!!」

闇「少し眩暈がしただけ…大丈夫だ」

種「…阿呆が、膝が震えているぞ?大丈夫なわけないだろう…」

藤岡「病院いきましょう、ね!?」

闇「かまわん…寒さで弱ったところを、何か強い邪気にあてられたようだ」

種「俺もだ、邪気にあてられて少しくらくらしている」 

176 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/11(日) 01:22:31 ID:/8ozo6CdO

闇「種もか…もしや?」

種「ああ、ありうる」

藤岡「…なんです?なんで二人して俺を凝視してるんですか?」

闇「…これは僥倖。年をこえて目覚めたようだな」

種「くくっ…まさか俺らがあてられるほどの邪気とはなぁ…剣呑、剣呑。
これで第三の眼はもう開ききった」

闇「刻印も読み解いた、眼も開いた…後は神器と紋章を手にすることぐらいか…」

種「くくっ…普通順序が逆だろうに…さすが佑介、何もかもが異端よ…
神器はまぁ、スーパーホーネットが候補馬としてだ。
紋章のほうは…今年、いくつ集められるかなァ…?」

闇「なぁに、一、二個とれればもう条件は揃うさ。
にしても、急に何故目覚めた?年末年始に何かあったわけでもなかろう」

藤岡「頭からクエスチョンマークが出っぱなしですよ…
年末年始は普通に過ごしてました!」

種「ふふ…こんな邪気力で、神器と紋章を手に御参りにいってみろ…
八百万の邪神共、驚きを隠せんぞ…天災の一つや二つ起こるやもや知れん」

藤岡「御参りなら今年はもういきましたよ、何回か」

種闇「ほう?」

177 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/11(日) 01:37:10 ID:/8ozo6CdO

藤岡「それがね、大変だったんですよ…聞いてください!」

種「なんだ?神社で破壊神でも見たか?」

闇「いや…暗黒金吸引-ダークヤタイ-で一文無しになったとか、その線だろう」

藤岡「ああもう話しにくい…
いやね、いくつか神社いってね、おみくじをやったんですよ!」

藤岡「それがね、数ヶ所いったのに、全部凶しか出ないんです!
しかも四ヶ所めなんて、俺がおみくじ引いた瞬間に落雷ですよ?信じられます!?」

種「…」

闇「…」

藤岡「あれ?笑えませんでした?
四位さんやユーイチさん、康さんに話したら、アホほど笑ってましたよ。
『こいつ本物!』とか言いながら」 

179 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/11(日) 01:47:46 ID:/8ozo6CdO

闇「顔見せは済んでいたか」

種「いやはや…何もかもがイレギュラーだ…
神器も紋章も無しに邪神共を震え上がらせた」

藤岡「くそっ、ハードル高いなぁ二人は…
普通は笑いどこですよ、これ」

闇「安心しろ佑介…笑い、込み上げてくるよ」

種「ああ、違いない…これが笑わずにいられるか?
俺らは今生きる伝説を前にしている」

藤岡「ふふっ、おおげさだなぁ…」

闇「くっくっく、カァーッカッカッカ!!!!」

種「っふん…ふふ、フッフ…ハッハッハァーッ!!!!!」

藤岡「こわいですよ」 

182 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/11(日) 01:59:21 ID:/8ozo6CdO

種「とにかく佑介、今年も精進することだ。
そして紋し…G1をとれ!はやく!とれ!今すぐ!ホーちゃんで!」

闇「俺達も全力でバックアップするから、な?
(闇金とか八百長的な意味でな…)」

藤岡「豊さん、アンカツさん…はい、頑張ります!」

闇「あと、もう御参りはやめるべきだ…邪神が可哀想だ」

種「'神屠り'、もはや絵空事ではないのかもしれんな…カカカ…」

闇「くく…種よ…これからも伝説を見守り続けよう…将来安泰のこのEMで…」

種「ああ、終焉以来色々あったが…これならば俺も納得だ。
頼むぞ、次期総統よ…クカカ…」

藤岡「その呼び方はやめなさい」

種「はい」