※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


619名無しさん@実況で競馬板アウトsage2009/02/12(木) 04:23:15 ID:G6L8ZlRwO
居酒屋にて

店員「ご注文を承ります」
種「…っふ。まずは黄金の七邪神の邪御酒」
猿「七邪神…いや、エビスビール三つ」
闇「クク…俺は闇の滴-ダークポンシュ-も、だ」
猿「日本酒もお願いします」
種「クカカ…不死鳥を貫く死のグングニルの槍…早く用意しろ、構成員!」
猿「鳥串四本。タレと塩二本づつでいいですか?」
種「うん」
闇「ほほう…こいつが在るとは…。白き冷棺…
 そして闇ミノタウロスの生き肝…もらおうじゃあないか!」
猿「冷奴と牛レバ刺。牛レバ刺いくつですか?」
闇「死だ!」
猿「よ…四皿も食うんですか…」
種「っふ…佑介…お前も何か注文するがいい…クク…」
藤岡「クク…有り難き幸せ…では御言葉に甘えて…
  暗黒皇帝の黒き草原を…」
猿「ああ…シーザーサラダね…」

猿(…あと4日かァ…)

藤岡(すみません康さん…) 

617名無しさん@実況で競馬板アウトsage2009/02/12(木) 01:56:59 ID:3jQGYRm/O

藤岡「クク…」




藤岡「……ハハハ……」




藤岡「………フハハハハハ!!アハーッ!!!ハッハッハハハ!!!」



藤岡「……………(あと4日もある)」 



618名無しさん@実況で競馬板アウトほす2009/02/12(木) 04:16:06 ID:WRhNhzYGO


種「カッカカカ…よう、猿…
相変わらずいい邪気をしている…」

猿「どうも、そうと…豊さん」

種「っふ…そうだ、貴様は日曜何に乗っていたかな?
最近物忘れが激しくていかん…くく…」

猿「…ソルジャーズソングです」

種「どうした?いつもみたいに説明の文句をつけてくれないのか?」

猿「うっ…ぐすっ…」


藤岡「うわぁ…康さんほんとごめんなさい…
にしても豊さん陰湿…」

闇「おい…何の独り言だ…」

藤岡「!!…っふ、康さんに申し訳ないなァ…ってね?
あと、ゆ…ゆ…そ、そ総統のやることが…」

闇(これはたまらんッ…ボイスメモ、ボイスメモっと…)


620名無しさん@実況で競馬板アウトほす2009/02/12(木) 04:24:07 ID:WRhNhzYGO

猿「その毛色はとっても鮮やか!ソルジャーズソング…」

種「おいおい、よく伝わらんなァ…?
その馬に内包されし邪気を、うまく表してくれよ?ん?」

猿「…しまいがよく伸びます、ソルジャーズソング」

種「…高らかに歌うは戦士の唄…くっくくく…」

猿「総統、もう勘弁を…」

種「ん?総統?」

猿「…あっ」

種「くっく…贖罪追加!!」 


620名無しさん@実況で競馬板アウトほす2009/02/12(木) 04:24:07 ID:WRhNhzYGO

猿「その毛色はとっても鮮やか!ソルジャーズソング…」

種「おいおい、よく伝わらんなァ…?
その馬に内包されし邪気を、うまく表してくれよ?ん?」

猿「…しまいがよく伸びます、ソルジャーズソング」

種「…高らかに歌うは戦士の唄…くっくくく…」

猿「総統、もう勘弁を…」

種「ん?総統?」

猿「…あっ」

種「くっく…贖罪追加!!」


622名無しさん@実況で競馬板アウトほす2009/02/12(木) 04:36:32 ID:WRhNhzYGO



闇「去年の阪神JF勝ち馬は?」

藤岡「…刮目し、冬の仁川に最果てを見よ。
終わりの始まりはかくも絶景か、ブエナビスタ」

闇「(録音完了、と…これは朝の目覚ましだな…)
じゃあ、去年の有馬の勝ち馬は…?」

藤岡「最強の令嬢が年の瀬を朱色に彩る。
我、風と共に去りぬ…ダイワスカーレット」

闇「(これは種からのメール着信用…)
そうだな、次は…一昨年のMCS勝ち馬なんかどうだ?」

藤岡「ダイワメジャー、鞍上は夜のWSJ、安藤勝己」

藤岡「間違えました」

闇(こいつ…)

623 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/02/12(木) 04:47:45 ID:WRhNhzYGO




猿「延々と普通のことを言わさされて…」

藤岡「こっちは延々と歴代の紋章…じゃなかったGI勝ち馬紹介です。
…本当、俺のせいですいません康さん!」

猿「いや、いいって…寝てた俺も悪いし、今となりゃ佑介の気持ちもわかるし。
さぞかしあの二人を黙らせたかったんだろう?」

藤岡「ええ…でも俺のちっぽけな願望で…」

福島「ふふん、なるほど…」

四位「そりゃ大変だ…ヒャハハ…」

猿藤「!?」

624 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/02/12(木) 05:02:44 ID:WRhNhzYGO

藤岡「………じゃ、じゃ、邪気傍受-ヌスミギキ-ですか。まったくさすがの実力者だ。
にしても、よん…し、して?四天王?がここにそろい踏みですか…くく…」

猿「あぁ、佑介が何をいっているのかよく理解できない!
邪気?四天王?さっぱりだ!」

福島「んふふ…某CMに出た幸四郎も裸足で逃げ出すほどの大根ぶりですねェ…」

四位「シィ…よしてやれ…それはたぶんあいつの黒歴史-トラウマ-だ…

あァ…すまん、盗み聞きする結果になったが…だいたい事情は察した。
二人がここ数日元気無かったのはそういう理由だったんだな」

藤岡「はい…自業自得とはいえ、あまりに過剰で…困りまして」

猿「くっくく…ここまでだとは予測していなかったんだ…」

四位(急にイキイキしてやがる…)