※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

210 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 08:18:41 ID:9Ud55VbFO

~12月28日 中山競馬場~

福永アナ「全馬、待機地点にて夢と希望の輪乗りをしています」


眉毛「おい、木刀ォ!」

木刀「EM最高!」

ポツン「目を覚ませよ」

木刀「EM最高!」

松岡「ほんと、どうしちゃったんすかァ!?」

先生「…世界樹でつくられたダーク・ウッド・ソードを発注しておいた」

木刀「…EM最高」



211 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 08:23:13 ID:9Ud55VbFO

松岡「おォッ!?なんか変化あったくせェ!!」

種「(っふ、木刀よ…所詮はその程度か)」

先生「しかも1ダース」

木刀「…っく…」

先生「さぁ、何があったか話しておくれ…」

木刀「…世界樹、どこで手にした?」

先生「ああ、それな…嘘だ」

木刀「EM最高!」

松岡「ちょ、木刀さん!?まじわけわかんねェんスけど!!」

種「(クク…)」

212 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 08:31:06 ID:9Ud55VbFO

木刀「ふう…」

眉毛「ひとまず落ち着いたみたいだな」

ポツン「洗脳か何か施されたか?」

松岡「はァッ!?それマジだるくねーッスか?」

先生「落ち着け正海…木刀、話してくれ。事の顛末を」

木刀「ああ…わかった、すべて話そう」

213 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 08:41:29 ID:9Ud55VbFO

木刀「俺は、普通に潜入捜査を続けていた。
その日も、岩田くんからすごい情報を聞いたんだ」

ポツン「…それは?」

木刀「西の後継者の名だ」

眉毛「!!」

木刀「そして、俺はその情報を先生に送ろうと、携帯をひらいた」

松岡「あれ?例のなんとかマイクやら何やらは使わなかったんスか?」

先生「あれな、嘘だ」

ポツン「さすがだよ…くくっ…」

木刀「なんの話だか知らんが、続けるぞ?」

214 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 08:55:00 ID:9Ud55VbFO

木刀「刹那、俺の意識はブラックアウトした」

木刀「そして気がついたとき、EMの医務室で寝かされていたんだ」

恫喝「(ちょっと強く殴りすぎたか?
いい具合に記憶が歪んでくれてるし、結果オーライか)」

木刀「そしてそばには、種さんがいた」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

木刀「…………ここは?」

種「結社の医務室の一つさ。よかった、目が覚めたみたいだね」



215 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 09:04:47 ID:9Ud55VbFO

木刀「種さん」

種「びっくりしたよ、君が廊下で倒れていたから…
急いでここまで運んできたんだ」

木刀「すいません、ご迷惑をおかけしまして」

種「そうそう、倒れていた原因だが」

木刀「…?」

種「医務室の診断によれば、強力な邪気力をとばされたことによる邪気酔い…だそうだ」

木刀「いったい誰が?」

種「そのことだが、一つ思い当たる節があってね…
というか、俺の憶測でほぼ間違いないはずなんだ」

種「君も小耳に挟んでいるだろうからもう隠しはしないが…
うちの後継者が見つかったことは知っているね?」

木刀「ええ…藤岡、佑介…」

種「ああ」

216 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 09:15:50 ID:9Ud55VbFO

種「佑介は、その内にとてつもない邪気力を秘めている。
だが、あいつは未だ完成していない。
紋章も神器もなければ、'顔見せ'も済んでいない。
おかげで、まだ邪気をうまくコントロールできないんだ」

木刀「そして、ときたま暴走する…と?」

種「ご名答。君が倒れていたのも、たまたま暴走の場面…
つまり、佑介に出会ってしまったのではないかな?」

木刀「よく憶えていませんが…そうなんでしょう、おそらく」

種「あいつを管理できていないことに関しては、俺の責任だ。申し訳ない。
言い訳じみた話になるが、あんな強力な邪気は抑えようがないんだ」

木刀「俺が気を失い、記憶まで無くなってしまうほどですから…
相当のものなんでしょう、頭を上げてください種さん」 

218 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 12:27:34 ID:9Ud55VbFO

種「ありがとう…
そうだ、君にいくつかお願いがあるんだが、かまわないだろうか」

木刀「…内容によります」

種「今話した佑介のこと、全て秘密にしておいてほしい。
そして、EM留学が大成功で、EMの虜になっているフリをしていてほしい」

木刀「一つ目のことに関しては、助けていただいた手前もあります。わかりました。
ですが…二つ目の要求の意味、こちらがいまいち汲み取れない」

種「単純だよ…西と東、仲良くなりたい。それだけさ」

木刀「…(真意が読めんな)」

種「君がここにいる本来の理由…俺が知らないとでも?」

木刀「!!」

種「っふ…皆にばれてみろ、生きては帰れない」 

220 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 12:39:35 ID:9Ud55VbFO

木刀「…それでも断ったら?
これでもなかなかの使い手なんですよ、俺。
何人かを手負いにして、その隙に逃げる…
それぐらいの芸当なら出来ます。
伊達や酔狂でここにきてこうしているわけじゃない」

種「カカカ…見上げた根性だ、誉めてやる。
が、だ…あまり慢るな…
貴様一人消すことなぞ容易いのだぞ」

木刀「…(部屋の空気が一気に変わった…!
なんてプレッシャー…化け物か、この人は…)」

種「ふん、貴様を消すのはお世辞にも良策とは言えん…
そこで、だ。取引をしよう」

木刀「取引?」

種「そう。いいものをやるから、それで貴様は西側につけ」

木刀「西側につく?馬鹿な話を」

種「物を見てから言うことだな…これだよ」

221 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 13:00:19 ID:9Ud55VbFO

木刀「…まさか、これは」

種「'至高の一振り'
'龍の髭'
'フレースヴェルグ'…
様々な呼び名があるが、まぁ簡単に言えば木刀だ…世界最高の、な」

木刀「こ、これをどこで?」

種「とある武器商人からね…クックク…
さぁ、取引はどうする?」

木刀「…取引内容は」

種「後継者関係の情報の漏洩禁止…
西側の宣伝やその他もろもろ…
先程も言ったが、西側につく、ということだ」

木刀「その契約は…俺が東に帰ってからも続くんだな」

種「ほう、察しがいいじゃないか…
特にパーマの奴の情報、逐一流してもらう」

木刀「…」

種「さぁ、どうする?」

222 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 13:11:09 ID:9Ud55VbFO

木刀「…」

木刀(先生、典さん、隼人…

みんな…

本当に、すまない)

木刀(俺は、自分の命が惜しい。弱虫で臆病者だ。

そして…

木刀を、愛してしまった。

何よりも、愛してしまった。

本当に、すまない…みんな…)

木刀「…取引成立、ですね」

種「ほう」

木刀「誠心誠意西に尽くさせてもらいますよ」

種「っふ…頃合いがくれば東にかえしてやる、気に病むことはない…」

木刀「いえいえ、やるからには全力でやりますよ…総統」

種「…っく、ククク…」

木刀「カッカカ…」

223 名無しさん@実況で競馬板アウト 2009/01/14(水) 13:40:23 ID:9Ud55VbFO

種「まずはラスト・グランプリで結果を出せ。
うちの訓練施設を使え、すぐ効果が出るはずだ…
西の凄さを見せつけてやれ」

木刀「御意」

種「くれぐれも、東の仲間にはさとられるなよ?
俺がすべて台本を書いてやる…」

木刀「おおせのままに…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

木刀「…」

眉毛「おい、どうした急にぼーっとして…
医務室で種と会って、それからどうしたんだよ?」

木刀「あぁ、すまんすまん…それからだな…」

224 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 13:46:55 ID:9Ud55VbFO

木刀「種さんに、俺が東からきたスパイだとばれた」

先生「何…!?」

木刀「あの人も、俺が怪しいとはうすうす感じていたらしい。
そして、気を失った俺が『任務』とか『報告』とかぶつぶつ言って
うなされてたらしく、それを聞いて確信したとか」

木刀「すまない、俺の責任だ」

ポツン「それはかまわんが…よくかえってこれたな?」

松岡「さっきの態度もなんだったんスか?バリ気になりやす」

木刀「それについても、話しておこうか」

225 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 13:56:36 ID:9Ud55VbFO

木刀「種さんいわく、これ以上東との仲を悪くしたくはないらしい。
後継者も出てきたことだし、平和的な結社運営を望んでるとか言っていた。
だから、俺の正体も表には出さない、これからも留学という形で頑張れと、そうなった」

木刀「ただ、見逃すかわりに条件があると言われた」

先生「なんだったんだ?」

木刀「後継者の名、それより先の情報までは勘弁してほしい。
そして、出来るなら西の良さを東に伝えてほしい。きっと友好の糸口になる。
この二つを、種さんは言ってた」

木刀「無事に帰ってこれたこと…
さっきまで挙動がおかしかったこと…
連絡を途絶えさせてしまったこと…
これで全部説明がついたはずだ。皆、心配かけてすまなかった」

230 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 18:34:33 ID:9Ud55VbFO

木刀(とまぁ、ここまで全部嘘だが…悪いな、皆)

先生「何はともあれ、よくかえってきた」

ポツン「おつかれさま」

眉毛「ち、ちょっとは心配したんだからな!
別に、洗脳されてたとか思ってなんてなかったんだから!
この俺を心配させたんだから、飯の一つでもおごれ!な!」

松岡「眉さんツンデレゴチっス!!!
木刀さん、お勤めありやっしたァ!!!」

木刀(すまない…本当に…本当に…)

ポツン「疑惑は晴れた…さぁ、いい終焉にしよう」

眉毛「あぁ…西との関係を円滑にするためにも…
ここを獲って、パーマさんの機嫌もとらないとな」

松岡「やられっぱなしもたりいっすもんねェ!
対等でこその友好っしょ?意地でも勝たなきゃ」

先生「そうだ、木刀…」

木刀「?」 

232 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 18:42:07 ID:9Ud55VbFO

先生「西の後継者、結局誰なんだYO?」

木刀「!」

ポツン「あぁ、そういやその情報、手に入れてきたんだったな…
もしや、このレースに出てたりするのか?」

先生「誰かまでなら俺らに伝えてもかまわないんだろう?
是非知っておきたくてNE」

木刀「ああ、このレースにしっかり出てるよ。後継者は…

…川田将雅だ」

先生「ほう」

ポツン「あいつか…」

眉毛「関西の若手、今波にのり、紋章も持ってる…
なるほど合点がいく」

木刀(こんな簡単に嘘が通っていいのか…)

233 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 18:49:43 ID:9Ud55VbFO

先生「なるほど、いい情報を手にいれてくれた…
本当におつかれさま、木刀」

先生「さぁ、そろそろスタートだ!
いこうじゃないかNE…」
眉毛「負けられんな…くっくっ…恐怖の最終章だ…」

木刀「ふう…やりますか…」

ポツン「…?」

松岡「さーさー、皆さん!!ファンファーレッスよォ!?
ヒャッハァー!!、軽くボコッたんぜコラァッ!!」

先生「電髪王国の威光を、西に」

234 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 18:59:24 ID:9Ud55VbFO

闇「…」

種「クカカ…輪乗りってのはどうも、どこか不思議な気分になるな…
くるくる、繰々、来々、狂々…
不祥な生物のサイクルから抜け出せずにいる人間や馬を、うまく象徴している…
そう感じたことはないか?闇よ…ふふ…」

闇「らしくないな…種」

種「あぁ…自分でもそう思うよ…」

闇「そうだ、木刀の件…うまくけりはつけたのか?
何やらあちらで話し込んでいたぞ…」

種「あぁ、それを話すのを忘れていたなァ…
いやな、傑作だよ…俺はどうやら脚本家向きらしい」

闇「話せ、聞こうじゃあないか…」

235 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 19:11:53 ID:9Ud55VbFO

種「かくかくしかじか」

闇「…!?」

種「どうだ?なかなかにおもしろく出来上がったとは思わないか?」

闇「くっくっ…どこまで邪悪になれば気がすむんだ、種よ…
伸二が殴り倒し、記憶があいまいになっていたところに
佑介が暴走しているという嘘をはじめ、様々な情報を話し奴にすり込ませ…
あろうことか奴を買収し、こちら側につかせ…
更に、こちらが友好的、木刀は無事東に戻った、将雅が後継者…
などといったデマをむこうに流すように指示…」

種「記憶が飛んでいたこと、あれだけはまさに僥倖だった。
まぁ、飛んでるふりかもしれんが…」

闇「だが、もし裏切っても何も問題はない…と」

種「そう…くくっ…」

236 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 19:33:00 ID:9Ud55VbFO

闇「'至高の一振り'…あれが西から無くなっていること…
全ての罪を奴になすりつければいい…だろ?」

種「さすが闇だ…勘がいいなァ…」

闇「それに、今さら奴が裏切ったところで暴かれて困る情報も無い…
あえて言うなら、佑介が後継者だということぐらいだが…
それもじきにわかることだ、佑介が頂点に立ったときにな」

種「っふ…」

闇「今回秘密裏に行なった一連の工作、これがパーマの耳に入って…
あちらさんが激怒して喧嘩をふっかけてきても…」

種「一振りの盗難、さらにはあちらさんのスパイ疑惑も暴露させてもらう。
先に仕掛けてきたのはそちらだ、とな」



237 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 19:41:44 ID:9Ud55VbFO

闇「出ちゃ困る情報はブロックし、更にこちらがイニシアチブをとった…」

種「カカカ…少々実力行使にはなったがな」

闇「だが、この工作…完成にはもう一押し要る」

種「あぁ…おい、将雅」

川田「はい?」

種「おまえ、俺があげたジュース…飲んだか?」

川田「ええ、いただきましたよ…
なんか変な味でしたが」

種「チェックメイトだ…カカ…」 

239 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 20:07:21 ID:9Ud55VbFO

種「『量子たん印の邪気ドリンク』…」

闇「ほう?」

種「独自のブレンドで、一時的に邪気力が上がる効果がある。
飲むたびに効果が下がるから、今回だけの措置だが」

闇「そんなものが…うん?」

川田「…うるるー」

種「ほぉら、効果が出てきた」

川田「お…オクレ兄さん!」

闇「だ、大丈夫なのか?」

種「問題無い…俺も夜はいつもコレ、だ…ふん…」

闇「くく…聞きたくなかった…」 

241 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 20:19:08 ID:9Ud55VbFO

闇「お前が量子たんのチャームポットにリーチザクラウンしている話はさておき…
そろそろ終末の角笛-ラスト・ファンファーレ-だぞ…策は」

種「そうだな、前のほうにいく気でいるよ。
闘士サムソン、最後の刻-ラストラン-はこいつらしく…
そう彼からお願いされているのでね」

闇「守さん…悪いが、俺のスカーレットは飛ばすぞ?
無理についてきて、闇108手に巻き込まれても知らん」

種「ふ…俺なりに考えるところがあってな…
結果や策略も大事だが、今回はもっと重きをおくべきものがある。
関係者や民衆、そして守さんに見せる義務があるんだよ…」

種「夢追いが、全力で生きた軌跡を。
そして、これからも変わらない生き方のカタチをな…」


242 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 20:27:58 ID:9Ud55VbFO

闇「くく…本当、らしくない…何か変なものでも食べたか?」

川田「カワユスナァ…モナークカワユスナァ…」

種「ふん…貴様こそ…佑介の世話焼きがうつったんじゃないのか?」

川田「デュクシ!オウフ!」

闇「ほざけ、俺に干渉できるのは…闇と、邪気だけさ。
俺が勝つ…せいぜい、祝勝会-ダークマツリ-のプランでもねっておけ。
今夜は吐くほど飲ませてやろう」

種「らしくないのはどっちだ…」



243 名無しさん@実況で競馬板アウト ほす 2009/01/14(水) 20:50:19 ID:9Ud55VbFO

闇「…クカカ…」

種「っふ…ふふん…」

川田「フヒ、フヒヒ…」


種「…さぁ、ファンファーレだ」

闇「楽しむ者には快楽を」

種「欲する者には贅沢を」

闇「疲れし者には安息を」

種「愚かな者には感得を」

闇「今年最後にして」

種「今年最高の祭典」

闇「邪気が一つに混ざりあい爆ぜて」

種「余計なものは全てが消える」

闇「終わりの始まり…」

種「さぁ、終末を越えていこう…どこまでも…」


―第53回有馬記念、スタート…