※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

174 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 00:01:23 ID:9zb+nWiNO

24日早朝―鮫島邸―


親鮫「ぐぅ…ぐぅ…」

パンッ!! パパパンッ!!

親鮫「わあっ!?」

子鮫「メリークリスマス!パパ!」

親鮫「……っ…なんだよ良太…いきなりクラッカー鳴らして…
  …寝室が紙吹雪まみれじゃないか…」

子鮫「メリークリスマス!パパ!」

親鮫「わかったから特大クラッカーをこっちに向けるな…
  …で、邪主生誕祭-クリスマス-が何だって?」

子鮫「実はパパにお願いがあるんだ!」

親鮫「お願い?」

175 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 00:02:39 ID:9zb+nWiNO

子鮫「これ!」

親鮫「……靴下?」

子鮫「中を見て!」

親鮫「…ん?中に手紙が…」

ガサガサ…

『紅き聖邪-サンタ-さんへ
邪主生誕祭用贈答品-クリスマスプレゼント-は邪気眼女帝-ウオッカ-をお願いします
鮫島良太』

子鮫「さあ!行くよパパ!」

親鮫「行くって…何処へ?何しに?」

子鮫「闇托鉢-エイギョウ-さ!角居センセイのところへね!
  僕、怒罵威でウオッカに乗りたいんだ!」

親鮫「営業くらい一人で行って来いよ…」

子鮫「馬鹿だなあ、パパは。僕が行ったらプレゼントにならないだろ?」

親鮫「…言ってる意味がわからないんだけど」

子鮫「よろしくね!サンタさん!僕を怒罵威へ連れてって!」

親鮫「(…育て方間違ったのかなあ…)」

176 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 00:04:43 ID:WFAqSMx4O
角居「あら克ちゃん、元気だった?」

親鮫「ご無沙汰をしております。すみません、時間を作って頂いて」

角居「ううん。いいのよ、外ならぬ克ちゃんの頼みだもの。で、話って?」

親鮫「…ええ…邪気眼女帝の次走のライダーについてなんですが…」

角居「邪気眼女帝の次走?ルメちゃんが空いてれば頼もうと思ってるけど…どうして?」

親鮫「…実はひとつ提案があるのですが…」

角居「あらなに?いいわよ、どんどん言って頂戴」

親鮫「…邪気眼女帝には、これまで私を含め、5人の男たちが、その背中を通り過ぎていきました。
  現主戦のルメール騎手はもちろん、いずれ劣らぬ名手ばかりです」

角居「うんうん」

親鮫「しかし…私は思ったのです…本当にそれでいいのか、と」

角居「というと?」

177 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 00:07:19 ID:WFAqSMx4O

親鮫「未来のため…日本のためにも、ここはもっと若い騎手を起用するべきではないか、と」

角居「…日本の未来のために種を蒔け、と。…思い切って先行投資するべき…だと?」

親鮫「邪気眼女帝にライドした経験は、必ず日本の未来に花を咲かせ、
  実になるるはずです!どうでしょう?角居センセイ!」

角居「……確かに一理あるわね」

親鮫「でしょう?」

角居「では松岡くんか三浦くんでも…」

親鮫「お言葉ですが角居センセイ。チョリ松や慣性ドリフターでは荷が重過ぎます!」


子鮫(物陰から)「いいよパパ!もう一押しだよ!僕のために頑張って!」

178 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 00:09:24 ID:WFAqSMx4O

角居「ならば誰を…」

親鮫「そこで角居センセイに提言したい!」

角居「ほう?」

親鮫「私の不肖の息子…鮫島良太こそ、日本の未来を託すのに相応しいのでは…と!」

角居「…………」

親鮫「…………」

角居「………ふっ…」

親鮫「……ふふっ…」

角居「……ふはははははは…」

親鮫「……あはははははは…」

角居「はーはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」

親鮫「あーはっはっはっはっはっはっはっはっ!!」

角居「ねーよ」

親鮫「ですよねー」


子鮫「…パパ…」