※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

94 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:13:20 ID:Ah/D+aalO

『さあ本日の凶徒メイン、太秦ステークス、間もなく発走です』

シャア「…………」

シャア「…………」

シャア「………佑介…!!」

藤岡「はい?」

シャア「………俺と…」

シャア「………俺と…四天王を賭けて決闘ーデュエルーしてくれ!!」

藤岡「えっ?」

うん師「ちょ、ちょっと竜二くん、おだやかじゃいよ。一体どうしたの?」

恫喝「今は総統も副総統も不在なんだぞ。少し頭を冷やせ」

シャア「…いいえ、やらねばばならないんです!それも、今!テイエムの剣で!!」

幸「何故?」

恫喝「…訳を聞かせて貰おうか」

シャア「実は今朝…」

95 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:17:09 ID:Ah/D+aalO

~その日の早朝、凶徒刑刃城~


シャア「おはよう御座います、先生!」

岩元「…ああ、おはようさん」

シャア「さあ、今日も一日頑張るか~!」

岩元「…竜二」

シャア「はい?」

岩元「…ちょっと奥の部屋へこい…」

シャア「え?何ですか?」

岩元「…いいから入れ」

ガラッ…

竹園「……待っていたよ」

シャア「えっ…竹園オーナー…どうして?」

岩元「座れ、竜二」

シャア「ど、どうしたんですか二人とも改まって…」

96 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:19:29 ID:Ah/D+aalO

岩元「…竜二よ」

シャア「は、はい…」

岩元「…お前はこのままで本当にいいのか?」

シャア「えっ…?」

岩元「お前はDark Children-ハナノジュウニキセイ-の中でも
    特に期待されていたライダーだった…それが、今は…
    四天王入りも果たせず、すっかり中堅のライダーに甘んじている…
    同期の福島や後輩の藤岡は四天王だぞ?
    あんな下手くそハゲやオカマの後塵を拝して悔しくないのか?」 

シャア「お言葉ですがセンセイ!(ギラッ)」

岩元「むっ?(こいつ…?)」

シャア「あいつはオカマではありません!ホモです!(キリッ)」

岩元「んなこたあどっちでもいーんだよッ!!」

97 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:32:28 ID:Ah/D+aalO

シャア「それにしても、いきなりどうしたんですかセンセイ…?
   俺は今のままでも充分満足ですよ?
   そりゃあ祐一に先を越されたのは、悔しくないと言えば嘘になるけど…」

岩元「………」

竹園「……竜二君…」

竹園「…実は昨日から…」

竹園「歌劇王が…危篤なんだ…!」

シャア「………!!!!」

竹園「君は今日もレースがあるし、動揺するかもしれないから
    伝えようかどうか迷ったんだが…岩元先生が…ね」

岩元「……竜二よ…」

シャア「はい…」

岩元「今のお前の姿を歌劇王が見たらどう思う?」

シャア「………!」

98 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:33:15 ID:Ah/D+aalO

岩元「歌劇王が引退する時、お前は言ったよな?
   『歌劇王には沢山の紋章と邪気を貰ったが、彼には何も返せなかった。
    これからは一流のライダーになって、歌劇王に認められるようになりたい』…と」

シャア「………」

岩元「今動かなかったら…今勝負に出なかったら…
    …一体いつ歌劇王に認められるというんだ?
    それともお前のあの言葉は嘘だったというのか?」

シャア「………」

シャア「……嘘なんかじゃありませんよ、センセイ…!(ゴゴゴゴ…)」

岩元「……むう…」   

竹園「(おお…あの邪気は…あの目の輝きは…昔の…
   ”暗黒昇り龍”と呼ばれていた頃の…)」

シャア「…いつの間にか大事な物を忘れていました…俺は…俺は…」

シャア「もう一度、頂点を目指します!!」

岩元「…よく言った、竜二!」

シャア「俺…今日にでも…四天王に、佑介に邪順決闘-イレカエセン-を申し込みます!」

竹園「(やれる!彼ならまだ、きっとやれる!)」

99 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:35:33 ID:Ah/D+aalO

シャア「…俺は決めたんです…誓ったんです!再び頂点を目指すと!
   センセイに!竹園オーナーに!そして歌劇王に!」

幸「歌劇王…危篤…?」

うん師「そんな理由が…」

恫喝「…しかし、だからと言って今すぐ邪順決闘-イレカエセン-とは…」

藤岡「…えーと…”邪順決闘”ってなんですか?」

恫喝「序列下位の者が上位の者に対して行う決闘で、
   もし下位の者が勝ったら上位の者と序列を入れ替えることができる」

うん師「つまり、この決闘で竜二くんが勝てば、竜二くんが新四天王に。
    佑介くんは四天王から陥落…ということになる。
    まあ、どのレースで決闘するかは上位の者に選択権があるから、
    上位の者が絶対有利なんだけどね。
    ちなみに一度挑戦したら、二度と同じ人には挑戦できないよ」

恫喝「佑介…別に今勝負を受けなくても良いんだぞ?
   竜二にもいろいろ事情があるみたいだが、それとこれとは話は別だ」

藤岡「…いえ!受けます!今やらせて下さい!」

恫喝「なっ…なにィ!?」

幸「……決闘、受諾?」

藤岡「はい!」

100 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:37:14 ID:Ah/D+aalO

うん師「でも佑介くん…言っちゃ悪いけど…」

恫喝「お前のウォーターオーレと竜二のテイエムアクションでは…分が悪いぞ?」

藤岡「構いません!竜二さんのアツイ気持ち…
   …これを聞いて逃げるようでは四天王失格です!」

幸「…佑介、流石…」

恫喝「漢やん…漢の中の漢やん…!」

藤岡「(入れ替え戦なんて便利なものがあったとは…
   今ならユタカさんもアンカツさんも祐一さんも居ないし、上手いこと負けて
   四天王から抜けてやる!これで少しはマシな騎手生活に戻れるぞ!やった!)」

シャア「ありがとう、佑介…お前なら受けてくれると思ったよ」

恫喝「…よし!立会人はワイが務めたる!存分にやってくれ!」

シャア「やるぞアクション…テイエムの誇り…みんなと…歌劇王に見せてやれ!」

藤岡「(頑張ってくださいね、竜二さん…!)」

101 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:38:58 ID:Ah/D+aalO

『さあ、今日の凶徒メイン、太秦ステークス…各剣、闇鞘-ゲート-に収まっていきます』

シャア「…邪気力充填60%…70%…80%…!」

幸「竜二、邪気、気合…充実…!今迄不見…!」

恫喝「すげえ邪気だ…!この戦いにライダー生命を賭ける気か…!」

うん師「どうやら神速邪始-ウルトラスーパーバーニングロケットスタート-
    を決めるつもりのようだね…」

藤岡「(邪気とか分からないけど…でも…
   かつてないほど竜二さんが真剣なのは分かる…!)」

シャア「…邪気力充填90%…100%…110%…!」

幸「…!!?」

シャア「…邪気力充填120%…130%…140%…!」

うん師「きっ…危険だよ竜二くん!邪気が暴走してしまうよ!」

恫喝「…こいつ…!この戦いで死ぬ気なのかッ!?」

102 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:40:05 ID:Ah/D+aalO

~その頃、岩元師と竹園オーナー~

竹園「…それにしてもビックリするくらい上手くいきましたね、センセイ」

岩元「ええ…上手く焚きつけることができましたよ…。
   ご協力ありがとうございます、オーナー」

竹園「いいえ…私にとってもメリットのある話ですから…ね」

岩元「ククク…我が厩舎所属の竜二がEM幹部になれば、
   私の元老での地位は確固たるものになる。
   今まで竜二を飼い続けていた甲斐があるというものですよ…ククク」

竹園「しかしセンセイも悪ですね…歌劇王が危篤とか…嘘までついて…クフフ…」

岩元「それはオーナーの発案でしょう…ククク…
   それより…ご覧下さい、オーナー…」

竹園「おお…竜二君…凄い邪気だ…!」

岩元「あの様子…どうやら竜二は決闘を成立させたようですね…クカカカ…!」

竹園「クフフフ…全てはセンセイの計算通り、というわけですね…クフフフ…」

岩元「さあ征け、そして勝て…竜二よ…!ワシの元老支配のためにな…!カカカ!」

103 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:42:19 ID:Ah/D+aalO

シャア「…邪気力充填150%…160%…170%…!!」

うん師「…そ、それ以上やると身体が…!やめて!本当に死んじゃう!」

幸「……臨界点突破…!危険水域…!!」

シャア「…邪気力充填180%…190%…200%!!!!!」

『各剣、闇鞘に収まりました!』

シャア「偉大なる黒き闇の龍神よ!!我が召喚に応じよ!!
   究極召喚邪技…超神古代龍・零式!!発動!!!!」

藤岡「…うるさいなあ、もう…」

シャア「征くぞ!!くらえッ!!必ッ殺ッ!!テ・イ・エ・ム~~~~~~~~~~~~ッ!!!!!」

『スタートしました!!!』

シャア「 ア ク シ ョ ン!!!!!!!!!!!!!!!」


ドンッ!ガゴッ!ダンッ!ガラガッシャーーーーンッ!!!!

    ドザー…

…ウアアアァアアァァァ……

……ヒヒーン……

『おおっと落馬!!テイエムアクション、和田竜二騎手!!落馬競争中止です!!』

104 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:44:05 ID:Ah/D+aalO

恫喝「…………」

うん師「…………」

幸「…………」

藤岡「………えーと…」

恫喝「……さすがだな、佑介」

藤岡「…はい?」

うん師「超神古代龍・零式の発動よりも一瞬早く邪気攻撃で
    Dark Drop Out-ラクバ-させるとは…」

恫喝「だが…お陰で竜二は軽傷で済んだようだな…」

うん師「…あれほどの常軌を逸した邪気…もし発動していたら…
    間違いなくレース後には…想像しただけでも寒気がするよ…」

幸「桑原桑原…」

恫喝「とりあえず立会人として、総統と副総統に報告しておくからな」

うん師「竜二くんを全く寄せ付けず勝利…
    総統と副総統の驚喜する様が目に浮かぶよ」

藤岡「…………」

生野松田「藤岡さん!」

藤岡「…生野さん、松田さん…?」

105 名前:名無しさん@実況で競馬板アウト[sage] 投稿日:2009/12/05(土) 00:46:56 ID:Ah/D+aalO

生野「藤岡くん…いや、藤岡さん。俺…実は心の中で
  『最近の藤岡さんになら勝てるかも』とか思ってました。
   …でもそれは大きな間違いでした。どうか許して下さい」

松田「俺もだよ…どうか…どうか命だけは…」

藤岡「…いや、命とか…」

恫喝「俺も邪気力には自信があったんだが…戦わずして負けを認めるしかないな」

うん師「やはり…総統の目に狂いはなかったということだね、うん」

幸「…流石、次期総統…!」

藤岡「…………」

藤岡「(…勘弁して下さいよ、竜二さん…)」



竹園「………あーあ…」

岩元「……………」


to be Continued―――