※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

栗東(イースト・マロン・カンパニー)


種(武豊)

言わずと知れた当スレの主役。そして栗東秘密結社イースト・マロン・カンパニー(通称EMC)の総統。当代随一の邪気力と優れた騎乗力-ライドパワー-を持つ。若手の藤岡佑介を自らの後継者と考え、その成長を温かく見守っている。好きなものは量子たん。

藤岡(藤岡佑介)

当スレ陰の主役。若くしてEMC四天王に抜擢される。周囲からはその秘めたる邪気力に一目置かれるも、当の本人は困惑気味。また当スレに登場する人物の中で唯一の常識人でもあるが、所々に成長している形跡が見られ何よりだ。

闇(安藤勝己)

EMC副総統。地方最凶の邪気使いだったが、セントラルへとその戦いの場を移した。種に劣らぬほどの邪気力と闇力を持ち、その闇奥義は108手まであると言われる実力者。元老院の重鎮マツクニとも繋がりがある。

猿(岩田康誠)

EMC四天王の一人。闇同様、かつては地方を荒らしまくった猿。種や闇をこよなく敬愛する可愛い猿でもある。言ってはならないことを言ってしまい、種や闇に制裁を食らうこともしばしば。なぜか憎めない猿である。

四位(四位洋文)

EMC四天王の一人…らしいのだが、現在のところ出番が少ないためあまり目立ててない。アクション仮面四十八手終の手、永久静寂-ウルセェヨ、オイ-の使い手。