※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

216 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:23:06 ID:7Sd9HMSM

『さァ上半期の総決算ッ!邪気と障気の混沌の果てに見ゆるは
希望の光か!はたまた絶望の闇かッ!?』

『刮目せよッ!宝塚記念!!』


『ッッスッタァートしましたッ!』


『おっとスクリーンヒーローがハナをうかがうか?』

ポツン「正攻法じゃちぃっとキツいんでな。このまま押さえ込ん…」

ツムリン「ぃっくよー☆」

ポツン「お、おい!ちょっと待て!」

ポツン「俺がハナを切ってお前が俺の後ろで歪曲斜行-バルク・ダンス-を繰り出し後続を…」

ツムリン「ばぃばぃおぢさ~ん☆」

ポツン「聞けえぇぇぇ!!!」



217 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:24:08 ID:7Sd9HMSM

川田「ツツツツツィィ…」

ポツン「うっ、川田将雅!」

川田「ホオォォーーーーイ!!!」

ポツン「ぐわっ!無闇に邪気を撒き散らすな!お互い消耗してしm」

川田「ちょりそーーーー!!!!」

哲三「バーティカル・サンシャインッ・カーニバァーォ!!!」

ポツン「や、やめて……」

眉毛「ノ、ノリちゃん!」

福島「ふんふ、他人の事など気にしててよろしいのですか?」

眉毛「…ッ!?」



218 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:24:57 ID:7Sd9HMSM

四位「状況がわかってんですか?」

逝添「もう…網の中の魚に等しい」

眉毛「くっ…」


チョリ松「これってマジヤバモード入ってね?各個撃破たァパネェタクテクスカマすじゃねェかよ!」

チョリ松「ノリさん、眉さん!漢・松岡、今行きますぜ!!」

種「それは困るな」

チョリ松「!?」



219 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:26:46 ID:7Sd9HMSM

闇「奴らの闘いの邪魔をさせるわけにはいかんのでな」

チョリ松「へっ、そんな邪気で威嚇したって無駄ッスよ。お二人はそこでおとなしく…」

種「やれやれ。聞き分けの無い…」

闇「仕方あるまい…」

チョリ松「うげ…なんだこのパネェ邪気…」

種「ほうら」

闇「受け取れ」

種闇「「極上の邪気」」

師範代「アーンド、ダークネスフルスパァーイク!!!」

チョリ松「マジかよ!…うわ、キッツの手応えが…」



種「さぁ、舞台は整った」

闇「舞うがいい、千両役者達よ」

師範代「イッツァショーータァーーーィイム!!!」



220 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:28:23 ID:7Sd9HMSM

四位「さぁて、始めるか」

福島「…ええ」

逝添「…邪神の御名にかけて」

眉毛「くっ、くそっ、やってやる!簡単にやられてたまるか!」

四位「眉さん…3対1でどうにかなるとでも?」

眉毛「う、うるさい!」

福島「さ、覚悟はいいですか?」









福島「四位さん」



221 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:30:54 ID:7Sd9HMSM

眉毛「え?」

四位「な…?」

福島「あとでお詫びは幾重にも。眉さん、謙一、邪気を」

逝添「…邪なる父の恵みを…」

眉毛「え?え?なにこの展開??」

福島「さあ、眉さんも。…チャンスなんですよ?」

四位「ふ、福島!どういうつもりだ!」

眉毛「よ、よくわかんないけど…よし」

眉毛「双極の頂へ翔けよ!我が邪気よ!」

福島「ほぅ…流石の邪気ですね」

眉毛「ほ、褒めたって何も出ないんだからね!」

福島「それは残念ですねぇ。…完成しました。闇葬送陣-ダーク・デルタ-」

福島「最早貴方は邪気を発することはかなわない」


闇「奴め…いつの間に百八手の一つを…発動条件が厳し過ぎる故に
使えぬ技だと思っていたのだがな…」



222 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 01:33:36 ID:7Sd9HMSM

四位「どういうつもりだって聞いてンだよォ!」

福島「…四位さん」

四位「あ?」

福島「強い者から叩く。バトルロイヤルの基本ですよ?」

四位「…!」

福島「紋章を賭けた戦場では決して馴れ合ってはいけない…貴方ほどの人が
知らない筈もないでしょうに…。プレッシャーとはつくづく恐ろしい…」

四位「く、くそっ…」

福島「ふんふ…では、特等席で闘いの結末をごゆっくり…」

四位「くそっ…!諦めて…たまるか…!」


眉毛「さぁて、あと3人だな!絶対に負けn」

福島「あぁ、眉さん、ご苦労様でした。あとは前詰まり-デモンズウオール-で遊んでて下さい」

眉毛「なにそれ、ひどい」


福島「あとは貴方だけですね…」

逝添「…」



238 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 23:41:31 ID:7Sd9HMSM

猿「お?お?」

猿「キタキタキタ!」

猿「凄い手応えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」


種「あ、あの猿…何を…」

闇「心配あるまい」

種「そうなの?」

闇「ああ。もう現れる…」


猿「顰蹙覚悟の大駆けいっちゃうよー!」

???「そうはいかないYO!」

猿「へ?なんでカンパニーから先生の声が?」

240 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 23:43:30 ID:7Sd9HMSM

先生「彼には絶大な資質があるからNE。今僕は彼とシンクロしているんだYO」

猿「な、なんの意味が…」

先生「僕の邪気とカンパニーの資質を融合すれば、君の『勝利』は
確実だYO!僕と手を組むかい?」

猿「ホ、ホント!?組む組む!」

先生「いい返事だNE!じゃ、いくYO!」

先生「奥義!究極絶対四着魂-イ・ツデ・モドコ・デ・モデン・トウゲイ-!!!」

猿「えええーっ!?」

先生「これで『勝利』間違い無しだYO!」


闇「あれはどうにもならんからなァ…」

種「カカカ…貴様もザレマで苦しんでいたな…」

闇「まぁアレは放っておけばいい。見ろ、祐一が仕掛けるぞ」

241 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 23:45:03 ID:7Sd9HMSM

福島「ふんふ、その亜空間走法-マ・クリ-の鋭さの源は、貴方の邪気と
邪神よりもたらされる障気の融合により生み出されるもの…」

福島「ならばその障気の供給を断てば貴方の亜空間走法-マ・クリ-も恐るるに足りない」

逝添「…」

福島「貴方の周りを僕の邪気で包んで遮断して差し上げますよ…ほぉら」


種「ククク…容赦が無いなァ、祐一の奴…」


福島「これで貴方の力は半減だ。では、上半期最後の紋章をいただき…」

福島「…んふ?」

242 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 23:47:15 ID:7Sd9HMSM

しろがねの道を往き

こがねの頂へ挑むこと幾星霜

艱難辛苦の果てに辿り着きしは

遠く蒼き宝石の彼方

汝、彼の者の黄金の魂を受け継ぎし者なり

福島「これ…は…」

幼き玉座よりその身を躍らせ

果てなきが如きこがねの頂へと旅立つ

邪気の激流に翻弄されながら

魂の躍動は留まるところ知らず

焦がれ、求め、駆け抜けた夢への旅路は

逝添「今ここに、黄金の扉を押し開くに至る」


243 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/30(火) 23:49:40 ID:7Sd9HMSM

福島「な、なんという邪気…。障気を借りるなどではなく…」

福島「邪神そのものを…降ろしたというのですか…」

逝添「父なる御方の加護と!父の血と魂をもって!突き抜けろ!旅路の果てへ!!」

福島「…っぐ」

福島「ぐああああああぁぁっ!!!!」


『先頭はドリームジャーニー!今1着でゴーールイーーンッッ!!!』

逝添「この勝利…」

逝添「貴方に捧げます」

『池添騎手、邪気溢るる邪気披露-ガッツ・ポーズ-!!』

福島「ふんふ…完敗ですよ」

種「クク…邪神を憑依させた影響か?邪気披露-ガッツ・ポーズ-が一段と強烈だな」

闇「イイものを魅せてもらったよ…邪気で目が潰れるかと思った程だ…カカカ…」






子鮫「ボクだけ台詞が無かった…パパぁ~」