※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

190 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/27(土) 23:59:56 ID:w5YM8vvr

四位「…ただいま戻りました、皇帝…」

『…貴様だけか?…シンジはどうした?』

四位「…体調不良で遅刻してくるそうです。なんでも"超音速"を使用したとのことで…」

『ふん…その反動で熱発したのか…いつまでもヤンチャな奴だな…困ったものだ…』

四位「仰せの通りで」

『…貴様もだ。…どう言い訳するのだ?腐蟲魔畏流戦争-ヤスダキネン-での失態を…
掴みかけた紋章をむざむざ渡しおって…どの面下げて戻っきたのだ?負け犬めが…』

四位「…申し開きの言葉も御座いません…」

『…あの"次期総統"とやらが負けたから良かったものの…
あれほどの有利であっさりユタカに負けおって…愚鈍が!』

四位「…恥じ入るばかりで御座います」

『…しかしユタカめ…この期に及んで貪欲な奴よ…クク…
まだ天下は離さぬか…カカカ…それでこそユタカよ…』

四位「…あの人は…やはり恐ろしい人だと感じました。
  …完全に邪気自滅-クソキジョウ-だと思ってたのに…」

『貴様がユタカを侮るなど、蚯蚓が龍を嘲るようなものよ。身の程を知れ。下種め』

四位「おっしゃる通り…己の未熟さが身に沁みました」

『ふん…それで貴様は…』

『何時になったら"深空の剣"とやらで余に紋章を捧げてくれるのだ?
…こう見えても余は気が短いのだぞ…?』

四位「…腐蟲では不覚をとりましたが、犯侵では
  必ずや私めが皇帝に紋章を捧げましょう。
  たとえ昨年の"浅草王の乱"を再現してでも…」

『ふん…その言葉忘れるな。よいか…二度目は無いぞ…しくじれば…』

四位「心得てございます」

『…ふん。愚昧の割りには返事だけは一丁前だな。もうよい。失せろ。
貴様の顔を見ていると気分が悪くなる』

四位「この四位洋文、必ずや皇帝のご期待に…」

『これ以上余の不興を買いたくなければ、その口を閉じろ。
御託を並べてる暇があったら剣を磨け。消えろ』

四位「ははっ…申し訳御座いません!では…」

『…………』

『…いや、暫し待て』

四位「…はっ?」

191 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 00:03:25 ID:w5YM8vvr

『…これを持ってゆけ…』

四位「…この箱は?」

『カカカ…何だと思う?』

四位「…?」

『クククク…これはな…』

『"パンドラボックス"よ…』

四位「…?」

『…箱の中には、ありとあらゆる災厄…魔…絶望が詰まっている』

四位「……」

『ククク…今は決して開けるなよ?開けたらどうなるか…カカカ…』

『もし貴様が犯神黙示録-タカラヅカキネン-で破れれば、禍烈な処刑が待っておろう…
それが堪えかねるのならば、この箱を開いて自らの命に幕を引くがよい…
楽に逝けるぞ?…せめてもの慈悲だ…クカカ…』

四位「……お心遣い痛み入ります…では」

『……………』

『……四位よ』

四位「…まだ何か?」

『………その…パンドラボックスは…』

『………冷蔵庫で保管するのだぞ…』

四位「…はい?」

『…いや、最近暑いから…』

四位「…………」

四位「……これ、今開けてもいいですか?」

『えっ…』


192 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/06/28(日) 00:05:59 ID:gPZUvvXw

『い、いや、ここで開けてはならぬ!貴様、余を巻き添えにするつもり…』

四位「いいですよね。開けますよ…」(バリバリッ)

『ああっ!らめえぇっ!』

四位「これは…ケーキ…手作りか?」


"四位くんへ
1200勝おめでとう!
犯神黙示録は残念だったけど、これからも身体に気を付けて頑張ってね♪
暗黒皇帝 タヴァラ=セイキより"


四位「……皇帝…いや、セイキさん…」

『…だから開けないでって言ったのにぃ…』

四位「…ありがとうございます」

『……こ、皇帝がケーキ作るって…へ、変かな?』

四位「…そんなことないです…すごく…モグモグ…美味いです。
  犯神黙示録…勝てそうな気がします!」

『…もぉっ!調子いいこと言っても負けたら処刑なんだからねっ!』

四位「こわいこわい。ハハハハ…」







恫喝(……今着いたんだけど何この気持ち悪い空気…すごく…出にくいやん…)

恫喝(…それにしてもタヴァラさん…まだ"SHA-V"止めてないんだな…)