※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

903 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:01:44 ID:/w/omnCE

藤岡「先週の日曜は中京で2勝したし、ローカルは頭のおかしいおじさんたちが来てないから
  のびのびやれるね。土曜も中京頑張ろう!さて、調教調教…ん?」

???(ササッ)

藤岡「あれは…あの人は…」

???(キョロキョロ)

藤岡「おはようございます!中舘さん!」

???(ビクッ!)

藤岡「…中舘さん…?」

???(ジロジロ)

藤岡「……?」

???「………」

藤岡「…あの…中舘さん?…ですよね…?」

マルコメ「キミはボクの姿が見えるのかい?」

藤岡「えっ…」


904 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:06:30 ID:/w/omnCE

マルコメ「完全に邪気配を消していたのに…まいったな。ウフフフフ」

藤岡「いや、丸見えでしたよ…」

マルコメ「ボクの闇営業体-アストラルボディ-は元老と
  オーナーにしか可視できない特殊幽体。
  それをライダーであるキミが見破るとは…
  キミは恐ろしく冴えた邪気眼の持ち主なんだね…
  藤岡…佑介くん…ウフフ…」

藤岡(やばい……なんか…この人…)

藤岡(…ユタカさんアンカツさんと同じ匂いがする…)

マルコメ「…ウフフフフ…」


905 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:10:18 ID:/w/omnCE

子鮫「調教に向かって全力疾走している僕の名前は鮫島良太。
  EMに所属するごく一般的なエクウスライダーさ。
  しいて違うところをあげるとすれば、邪気力が強すぎるってことカナー」

鮫島「ウホッ!いい馬面!」

鮫島「おはようございます!佑介さん!」

藤岡「あっ!良太くん!」

藤岡(やった!ひとりじゃ耐えきれなかったんだよこの空気!良太くんGJ!)

子鮫「こんなところでひとりでつっ立って、どうしたんですか?」

藤岡「えっ…?」

マルコメ「…ウフフフフ…」

906 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:15:12 ID:/w/omnCE

藤岡「ねぇ…良太くん…それマジで言ってんの?」

子鮫「えっ?何がですか?」

藤岡「いや、僕がひとりって…」

子鮫「だってひとりじゃないですか」

藤岡「いや、ここに居るでしょ、もうひとり。大先輩が。
  1500勝騎手の中舘さんが目の前に居るでしょ!
  ふざけたこと言ってないで早く挨拶しなさい!」

子鮫「?どうしたんですか佑介さん?今日はちょっと様子がおかしいですよ?」

藤岡「おかしいのはお前だよ!」

マルコメ「ウフフフフ。無駄だよ藤岡くん…。
  言ったよね?ボクの闇営業体-アストラルボディ-は、エクウスライダーには可視できないって…。
  ボクを見破るには相当な邪気眼の持ち主でなければね…。
  そう、キミのような、ね。ウフウフフ…」

藤岡「何言ってんですか、アストラルボディとか邪気眼とか…
  良太くんもいい加減、ふざけるの止めないとと怒るよ?」

マルコメ「ウフフ…鮫島良太…通称"子鮫"…どれ…ボクの闇道具…
  邪気スカウターで邪気力を計ってあげよう。ウフフ」

藤岡「…ただのゴーグルじゃないですか」

マルコメ「ウフフフフ…んん?」

907 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 20:18:40 ID:/w/omnCE

マルコメ「邪気力5…ゴミだな」

藤岡「なにそれひどい」

マルコメ「よくもこんな矮小な邪気力でエクウスライダーになれたものだね…
  ある意味たいしたものだ。興味深いよ。
  でもボクが本当に興味を持ってるのは…キミだよ…藤岡くん…ウフフ…」

藤岡「えっ」

マルコメ「ウィンウィンウィーン…ピッピッピッ…キュイィーン…」

藤岡(ゴーグルいじりながら自分で効果音だしてる…)

マルコメ「ピッピッピッピー…」

藤岡(ニヤニヤしながらガン見してる…すごく嫌だ…帰りたい…誰か助けて…)

マルコメ「ピッピッピッ…むうっ!?こ、これはっ?」

種「おっとそこまでだ」

マルコメ「むっ」

藤岡「ゆ、ユタカさん!」


911 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 00:21:27 ID:WrKzzSpK

藤岡(思わず喜んじゃったけど…大丈夫なんだろうか。
  火に油を注ぐことにならなきゃいいけど…)

種「きさま…うちの大事な佑介に何をするつもりだった?
  っふ…どうせなら俺を邪気スカウターで計ってみろよ…ククク…」

マルコメ「ウフフ。そんなマネをしたら邪気スカウターの方が壊れてしまいます。ウフフ」

子鮫「ユタカさん、おはようございます!」

マルコメ「…そこのゴミは置いといて…種さん…この子が例の…藤岡佑介くんだね?」

種「例の…とは?」

マルコメ「いえ、ノリちゃんからの情報でね…この子が次期総統だって。ウフフ」

藤岡(美浦でも次期総統とか言われてんの?日曜は東京行くのに…鬱だ)

種「ちっ…口の軽い禿げだな」

マルコメ「勘違いしないでいただきたい。我ら光の三銃士は
  好む好まざるに関わらず、常に互いの情報は共有した状態にある。
  言葉を介す必要もない」

種「御得意の邪光電信網-ヒカリツウシン-というやつか」

マルコメ「そう。あらゆる情報・映像をありのまま受け取ることができる」

種「カカカ…それでさっそく佑介に近づいたわけだ。それもストラルボディで。
  さすがは光の長兄…油断も隙もあったものじゃあないな…カカカ」

子鮫「ゆ、ユタカさん?僕はここにいるよー!ねぇ!
  …気が付いてよ…おはようございます!」

藤岡(良太くん涙目になってる…)


912 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 00:27:22 ID:WrKzzSpK

種「佑介ェ…気をつけろよ…"ローカルの鬼神""辺境の妖精王"
  "不可視の逃亡者""邪幽機体マルコメエックス"…
  マルコメは幾つものふたつ名を持つが、その中のひとつに
  "神出鬼没の営業王"というのがある…。ヤツの邪気にアテられるな…
  そして邪気眼をしっかりと見開いておけ…さもないと…
  『気が付いたら意識も剣も持っていかれた』ということにもなりかねんぞ…ククク」

マルコメ「強奪王のキミに言われたくないね。ウフフフフ」

種「ぬかせ。…してマルコメよ…今日EMに来たのは営業か?
  それとも…佑介を始末しに来たのか?後者ならただではおかんぞ」

マルコメ「そのどちらでもないよ」

種「ほう?」

マルコメ「ボクは…藤岡…佑介くんを…」

マルコメ「…ボクの後継者にしようと思ってる」

種「なん…だと…?」


913 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 00:37:04 ID:WrKzzSpK

種「な、何をバカな…佑介は俺の後継者になるのだ!お前になんか渡さん!」

藤岡「ちょっとユタカさん、掴まないで、痛いって…」

子鮫「ゆ、ユタカさん?」

種「お前はちょり松でも後継者にしてろ!あいつは紋章もあるし
  何よりポツンが惚れ込むほどの器じゃないか!」

マルコメ「器がデカくても中身カラッポじゃあ意味が無いんだよ…。
  さあ…おとなしく藤岡くんを渡すんだ…。
  ローカル色に染めてやるから…ウフフ…」

種「やだ!絶対やだ!」

子鮫「ユタカさん…?誰もいない宙空に向かって何を叫んでいるんです?
  ハッ!まさか今まさに組織からの邪気攻撃を受けているのでは?
  が、頑張れユタカさん!組織に負けるな!!レッツゴーユタカ!!」

藤岡「良太くん、ちょっと黙ってて!」

マルコメ「…仕方ないな…藤岡くん!」

藤岡「はい?」


914 名前:こんな名無しでは、どうしようもないよ。[sage] 投稿日:2009/05/30(土) 00:44:47 ID:WrKzzSpK

マルコメ「先日の誅凶での活躍…キミには辺境戦士-ローカラー-の資質がある。
  しかも最近では元老のマッツ・パークにも寵愛されているという営業上手…。
  ボクの後継者としてキミほどふさわしいエクウスライダーは居ないとボクは思ってる」

藤岡「こ…光栄です」

マルコメ「ボクはキミを諦めないよ。必ず立派な辺境戦士-ローカラー-に育て上げてみせる。
  特に今年の殺歩路は百年戦争-ロングランカイサイ-だからね…楽しい夏になりそうだ。ウフフフフ」

藤岡「は、はあ…」

マルコメ「ボクはいつでも辺境で待っている。それではまた、辺境で会おう。ウフフフフ」

種「やっと行ったか…全く…」

子鮫「佑介さん、なんだかすごい汗かいてますよ…」

藤岡「ああ、いや…何でもないんだよ…」

子鮫「なんだかまるで…そう、たとえるなら電波中年二人の
  毒電波にアテられてしまったかのような顔をしてますよ」

藤岡「やっぱりお前ホントは全部見えてたんだろ!」