kikenbutsu


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

危険物の類

第1類 酸化性の固体
    分解して酸素を発生しやすい。
第2類 着火または引火しやすい可燃性の固体
第4類 引火性液体
    その蒸気は空気よりも重い
第5類 自己反応性物質
    分解、爆発しやすい液体または固体
第6類 不燃性液体

消化方法

第3類の危険物の一般的な消化方法は以下の通り。
  • 乾燥砂(膨張ひる石、膨張真珠岩含む)
  • 禁水性物質は、粉末消火剤を用いて消化する。
  • 黄リン以外は水系の消火剤を使用できない。

ナトリウム

  • 水と激しく反応して水素を発生する
  • 黄色の炎を出して燃える
  • 化学的に活性
  • イオン化傾向はカリウム、カルシウムに次いで3番目に大きい


アルキルアルミウム

  • ベンゼン、ヘキサン等の溶剤に溶ける
  • 水と激しく反応して発火する
  • アルキル基の炭素数の増加に伴って反応性は低くなる


黄リン

  • 水には溶けない
  • 二酸化炭素やベンゼンなどの有機溶剤に溶ける
  • 空気中で燃焼すると十酸化リンを生じる
  • 発火点は約30~45℃
  • ニラに似た不快臭がある
  • 反応性に富み、ハロゲンや硫黄、酸化剤とも激しく反応する

カルシウム

  • 比重は1.55
  • 水と反応して水素を発生する
  • 空気中で加熱すると、燃焼して酸化カルシウム(生石灰)を生じる
  • 水素と200℃以上で反応し、水酸化カルシウムを生じる

リン化カルシウム

  • 比重は2.51
  • 水と激しく反応し、猛毒で可燃性のある気体であるリン化水素(ホスフィン)が発生する
  • 燃焼すると、有毒な酸化物が生じる

水酸化ナトリウム

  • 無臭で有毒な結晶性粉末
  • アルコールや酸と反応する
  • 還元性が強く、金属塩化物、金属酸化物から金属を遊離する
  • ベンゼンや二硫化炭素などの有機溶剤には溶けない
  • 空気中の湿気と反応して水素を発生し、自然発火する