※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[オサーン語録]

セクハラとモラハラにまみれたオサーン発言の数々。
とくとご堪能あれw



( ※日付が緑色になっている場合、該当ページへのリンクがあります。 よろしければご参照ください(σ≧∇≦)σポチットナ)




オサーンの考えるシアワセ

私思うに、

家に帰れば既にメシは出来上がってて、

オレが食わせてやってんだからと酒を飲みながら職場の愚痴をブーたれて、

メシを食ったら自分で洗い物をすることもなくゴロリと横になってテレビを見、

眠くなったらそのまま寝るも良し、気が向いたら一戦交えるも良し(笑)


やっぱそういう生活が一番シアワセなんじゃない?




自分がマイノリティなことを敢えて承知で書きますけど、

しっかし世の中のダンナさまやダーリンとか言われてるヤツらは全く良い身分ですな!

 家に帰れば自動的にメシが出来ている。
 それも帰った途端、メシか風呂かの自由な選択肢がある。
 メシを食ったあとも自分が知らないうちに食器がキレイになっている。
 洗濯をする必要も無いし、せいぜいやる家事と言えばゴミ出しくらいである。
 朝メシも自動的に出来ているし、寝坊する心配が無い。

・ただしお勤めの義務がある。


彼らは家に帰ってから一体何やってんのかね?ゴロンと横になってテレビでも見てんのか?

「あー疲れたぁ」なんて言ってんじゃねえぞバカヤロー





コメントにて
結婚記念日に主人と派手にケンカしたと書いていた女性に対する返信

「どうもおはようございます。

コメントいただく時間いつも遅い時間ですね。

もしかして仲直りのお勤めの後かな?(笑)」


(※遅い時間にコメントするとセクース後のハイパー賢者タイムだと思われるので要注意。)




コメントにて

同棲かぁ~
ある意味男女の理想の姿かもしれんですね。
ブログでルームメイトを募集してみましょうか?
家賃は私が持って、メシも週に3日は私が作って、

もちろんお勤めも頑張ります(笑)


男が来ちゃったりして(笑)

(※もうお分かりかと思いますが、オサーン語で、お勤め=セクロスの意味ですw)




自分で書くのもなんですが、おくぞの大先生のレシピに出会ってから

私の料理の腕が上がったかはともかくとして、

私の食事は確実に豊かになったと感じています。

「休日の食生活は100てん付けてもいいんじゃないんですかね。

営みが半年レベルになってる奥様の料理なら、楽勝で勝ってると思うがな。」


(※どうやらオサーンの脳内ではセクースとお料理の腕前とは連動しているようです。
 お料理上手は床上手♪ってそんなわけあるか!馬鹿か!!)




今月の初めに受けた健康診断の結果が、今日早くも配られました。
20代の頃は体重と視力ぐらいしか見てなかったもんですが、

この歳になると(いやいや全然若いですよ!)、

おざなりにしてもタダで健康状態を
見てくれる貴重な機会と、結果をドキドキ待っているもんです。

今回の結果を見て、精神状態って身体にもろに現れるのだな、と思いました。
おととしの今頃の閑職の身にあったときは、5つぐらい「要治療」がありまして
このままボロボロになっちゃうんかいな・・・?なんて弱気に考えたもんですが、
今の私の身体はおかげさまでほとんどが「A」ランク!

まだまだ種馬能力はバッチリあるということです。





コメントにて、朝早いとか睡眠時間はどのくらい?という流れで

私は毎朝5時半に目覚しをセットして、布団を出るのは5時40分くらいです。
平日の睡眠時間は5時間だね。毎日6時間寝られればシアワセだと思うけど。

私の妹(娘一人・労働者・37歳)は8時間寝ないともたない、って毎日10時半に寝てるらしい。

よく子供が出来たもんだと思いますよ。


(※実の妹に対してこの言い草はないだろうと小一時間(ry)





オサーンの朝のお通じ事情

Commented by yamada_chan2 at 2005-05-29 12:15
> ろーずさん♪

んじゃ私も ギャルっ子にレス いたします。
上記したように5時40分頃に布団から出てきまして、前の晩に風呂に入ってない場合はシャワー浴びます。

面倒臭いor時間無いときは、 この季節くらいまでなら 流しで頭を洗います。

その間にメシ&オカズ類を電子レンジへ。テレビは20年間やじうまワイド一筋。
メシを食ってブログに腐れ記事をupして、トイレに参ります。

この歳になるとなぜか1回で終わりません。忙しいのに3回くらい入ります(哀)

ここで手を抜くと2時間通勤中、地獄に襲われます。
家を出るのは6時40分過ぎなので、 毎朝余裕がありません。


じゃ、ラーメンを食べに行って汗をかいてまいります。

(※つまり、常人の三倍食って出し、と。)