確定数と回復頻度

ポケモンの掲示板ではよく「確定~発」とか「乱数~発」という表現が使われますよね。
これはどういう意味なのかというと、例えば「確定2発」なら2発、「乱数2発」なら2発か3発で倒される、というただそれだけです。

具体的には、
100%を超えるダメージを与えられるなら確定1発
90%台~100%超のダメージなら乱数1発
50%を超えて100%未満のダメージなら確定2発
40%台~50%超のダメージなら乱数2発
33%を超えて50%未満のダメージなら確定3発

というような感じになっていきます。
再生回復(自己再生、卵産み、怠けるなど)の技を持っていればHPを丁度50%回復できるため、
相手の攻撃を永久的に受け続けたいならばその攻撃で受けるダメージを50%未満にしなければなりません。
つまり、特定の相手から喰らう攻撃ダメージで 「確定3発~」ならば定義上「受け」が成立します。
しかしただ「受け」れるだけで安心していてはいけません。
同じように「受け」が成立しても、実はその性能に遥かな差が出ることがあります。


(未完成、工事中)


  • いやあこの例は微妙だなあ。「自己再生での役割遂行が実戦レベルで可能」といわれる基準が35~40%程度ですから -- ice (2009-07-21 03:44:55)
  • 機動力の差は見て取れるので等倍の例としては悪くないけど、役割遂行のレベルも違うしね。確定数はもちろん単純火力で使い勝手が違いすぎて、どっちもどっちと思う人が多いんじゃないかな。 -- ice (2009-07-21 03:48:17)
  • 現環境ではアイテム付きの相手を等倍で3割に押さえるのは現実的でないので、半減前提の例と比較させるなりしないと理解しにくい。と思う。 -- ice (2009-07-21 03:56:35)
  • また丁寧にありがとうございます 遂行速度とか考えてなかったなぁ -- 紫電 (2009-07-21 22:03:18)
  • ガブリアス自体が例として悪かったような感じもしますね また微妙になるかもしれませんが新しい例考えてきます -- 紫電 (2009-07-21 22:04:15)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。