遂行速度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポケモンは基本的に役割を持てる相手(役割対象)に対して繰り出していくことになります。
そして役割を持つためにはその役割対象に対する 遂行技 が必要だとも言いました。
しかし、同じ「役割を持つ」と言ってもその程度には大きく違いがあります。
今回はそれに関して 遂行速度 について考えてみましょう。
(遂行速度というのは、言葉の通り目の前の相手に遂行技で役割を遂行する速さのこと)
特殊受けとその役割対象を示す3つの実例を挙げてみます。


①ライコウとカビゴン


ライコウの10万ボルトはカビゴンに(24.2~28.5%)のダメージ。
カビゴンの地震はライコウに(85.5~101.2%)のダメージ。

ライコウの攻撃がカビゴンに対して乱数5発であるのに対し、カビゴンの攻撃はライコウに対して乱数1発。
要するにカビゴン側が圧倒的に有利な状況です。
よってライコウがカビゴンの前で交代せず居座るという選択肢はありません。
理由は言わずもがな分かるかと思います。
この場合カビゴンは役割対象のライコウへの 遂行速度が速い とされ、
カビゴンからライコウに強い 強制交換力 が働いていると言えます。
強制交換力を働かせると読みでも有利になれることが多いです。


②スイクンとカビゴン


スイクンの波乗りはカビゴンに対して(16.1~19.1%)のダメージ。
カビゴンの恩返しはスイクンに(27.5~32.3%)のダメージ。

今度はスイクンの攻撃がカビゴンに乱数6発、カビゴンの攻撃はスイクンに確定4発です。
どちらかと言えば後出しでもカビゴンの方が有利ですが、この程度なら状況次第でスイクンが居座って打ち合うという選択肢も生まれます。
(リフレク瞑想、鈍い自爆等も考慮するとスイクンとカビゴンの関係はちょっと複雑)
カビゴンがスイクンに役割を持てないとは言いませんが、先程に比べると 遂行速度が遅く 、強制交換力も弱いのが分かります。


③ライコウとハピナス(ハピナスは控えめC252で計算)

ライコウの10万ボルトはハピナスに(17.8~21.2%)ダメージ。
ハピナスの冷凍ビームはライコウに(25.3~30.1%)ダメージ。

ライコウからハピナスへは乱数5発、ハピナスからライコウへは確定4発です。
互いに素早く潰せない点で状況は②の例に似ていますが、ライコウの瞑想によってハピナスは突破を許してしまう懸念があります。
ハピナスはやや遂行速度が遅い傾向にあるため、他にも悪巧みや金属音等の補助技による不意な役割破壊は受けやすいです。
逆に前の例のカビゴンのように遂行速度が早ければ積み技での突破を許さないで済みますね。



このように、遂行速度が速ければ速いほど何かと有利になることも多いため、役割を考える際にはなるべく意識すべき事柄です。
「遂行技」が必要だと言われるのもこの速度を上げるためという意味が大きい。
また、遂行速度が速いと役割を持つときにこちらの残りHP残量に左右されにくくもなります。

  • ライコウの攻撃がカビゴンに対して×乱数5発→○乱数4発 -- 名無しさん (2010-02-13 08:47:55)
  • 偶然は必然へと昇華する -- もこう@ (2010-02-20 02:09:25)
  • 瞑想覚えてるてんのめぐみ型ハピもいる。ライコウとハピではハピが有利。 -- 名無しさん (2010-03-25 16:10:19)
  • ハピに瞑想とか… -- 名無しさん (2010-03-25 18:19:51)
  • 瞑想なんて使っていたら物理の決定力が無償で出てくるだけです -- ソーガ (2010-03-26 16:48:37)
  • 積まずにハピを一撃で落とせる物理アタッカーも限られてくる。ハピはカウンターもある。 -- 名無しさん (2010-04-24 22:41:56)
  • ハピにカウンターっていつの時代の人? -- ニコ (2010-04-24 23:10:23)
  • ハピにC振って身代わり持たせると出てきた物理の弱点で殴って一矢報いる事が出来る。結構強いぞ -- 名無しさん (2010-06-21 18:19:30)
  • ↑そ、そうなの? -- 名無しさん (2010-08-12 09:38:58)
  • 役割理論やサイクルを崩壊させることを目的としたハピカウンターも考慮に入るかもな。限定的な状況だが -- 名無しさん (2010-10-21 01:07:43)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。