用語集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




あかつき大附属高校
関東のどこかにある名門野球部。
近隣には色々な強豪校がひしめき合っており、甲子園出場は一筋縄ではない。

猪狩守
言うまでも無く、というのはもう無理かもしれない。
最近、めっきり姿を見せなくなったが、間違いなくパワプロが生み出した傑作の名キャラ。麻生?友沢?鈴本?いえ猪狩です。

一ノ瀬とのキャッチボール
薄暗い夕方に、一ノ瀬キャプテンが後輩を誘って行われる儀式。
一人で残っている時ではないと行われないと言われている。断った者はその日から姿を消していると噂され、あかつき七不思議にも語り継がれている。
生存者の話によると、「しばらくキャッチボールをしていたがまったく疲れなかった。野球が上手くなった気がした」という。
ただ、一ノ瀬キャプテン得意の練習は一緒にしてくれない。あくまでキャッチボールのみ。

うろ覚えポケモンシリーズ ←new
作中で時間が過ぎた事を示す時に使っていた絵(とんぼらしきものが描かれたもの)だけだと
寂しいので、その時に思いついたポケモンを何も見ずに描いていくシリーズ。
第一回はとんぼ繋がりでメガヤンマ。多分続く。

コードギアス
2007年~2008年にかけてTBS系列で放送されていたテレビアニメ。高レベルのネタ性とギャグでアンチもファンももりもり増やしている。
毎回迎える超展開は必見。
最終回?はい、泣きました。

ギアス
コードギアス内で総称される特殊能力の事。
相手を意のままに動かせたり、その能力は多岐にわたる。基本的に片目にギアスのマークが浮き出ることによって発現し
その目を媒介に能力を発動させる。両目に浮き出ることによって、能力の強さに差異が出るようである。
ちなみに、やるあかでのギアスとは「超集中力の中で発現する能力」。
その強さは願いの力によって変化する。
コードギアス内でのギアスとはまた違うのでご理解の程を。
発現者はやる夫ただ一人。(現時点で)

キャッチボール
術者と憑依者の二人が、互いに一つの破邪の念を込めた球体を投げては受け投げては受けという動作をひたすら行う古来から伝わる除霊の作法。
球体は憑依された人間の強大な霊力を取り込み、それを術者が受け取り体内に押さえ込むことで除霊は終了する。
失敗すれば術者とて命が危ない、まさに命がけのその行為は、神々しくあるものとして崇拝されたが故に、
現代もなお「キャッチボール」という形式で残っている。
これは、現代の人間の言霊とも深く結びついており、「言葉のキャッチボール」というのはまさにその事である。

藤上優詩
ふじがみゆうし。所謂パワプロ君だが、主人公気質があるだけで主人公というわけではない。
扱いもパワプロ君とは少し違う。Q.じゃあパワプロ君じゃなくね? A.ポジション(立ち位置)的に

矢部明雄
やべあきお。メガネが本体かもしれない。

やる夫
主人公。素人だが、その分伸び幅はある。
モテたいがために野球を始め、始めた瞬間に試験を受ける。

やる夫のギアス
やる夫が入部試験中に突如発現した能力。
ある範囲において、やる夫以外の時間の流れを極端に遅く体感させる「時間超越」の能力。
時間の流れを遅く見させるだけで止まっているわけではないので、傍から見ればやる夫の動きが早く見える。
つまり、やる夫が「遅く見えている」だけであって、衝撃が緩むわけもないし、実際に過ぎる時間に変化も無い。

英数字

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。