※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反乱軍

 

専門外なのでメモ程度。

(主任注 詳しい人書いて下さい)

 

 

 反乱軍は攻撃性能はそこそこ(戦士も弓兵も4回攻撃)であるが、頑強が付きにくくHPも低めである。弓兵などは森で70%もの回避を誇るため、

位置取りが非常に重要になる。女呪術師の鈍化も効果的に使えば戦局を有利にできる。ウーズは高HP高攻撃力だが、鈍足かつ超低回避であるため使いこなすのは難しい。

 基本的には戦士と弓(と場合によってはウーズ)の雇用バランスを相手陣営に応じて変化させることになる。たとえばオーク軍のような格闘馬鹿集団が相手であれば、昼も夜も威力が変わらない戦士の5*4格闘攻撃は鬱陶しいであろう。

 

 ※最近の研究から ただし雑記

 呪術師は毒を持つ陣営には特に有効。暗殺者やグールが相手主力に交じっていた場合は、かならずこちらも呪術師で迎え撃とう。たとえば呪術師を後ろに立たせてやれば、斬撃には高々10%の耐性しかもたないグールに対して戦士で殴りかかったり、回避率が高くて鬱陶しい暗殺者を魔術師で強引に焼き払うという芸当が可能となる。

 昼夜攻撃力が下がらないエルフによって、総攻撃を受けた際にもある程度の反撃ができる。たとえばアンデッドが夜間攻めてきたとしても、もし相手布陣がうかつであれば、戦士で暗黒僧をフルボッコにすることもできる。逆に攻撃力不足なので攻めるにはいまいち。HPが低めなので森から出たくもない。得意な陣形に篭った待ち戦法で、相手が陣形を崩したら反撃で崩壊させるというのがよいかもしれない。

 






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー