※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インフルエンザとは、鳥から鳥へ感染するはずの病気でよく野鳥に見られるが渡り鳥などに感染すると
言われてきた病気だが、それが突然変異を起こす事がスペイン風邪でわかった
スペイン風邪

1918年、翌年19年にかけ、全世界的に大流行したインフルエンザのパンデミックである。
感染者が6億人、死者が4000~5000万人。一説によるとこの大流行により第一次世界大戦終結が早まったという

発生源は1918年3月米国シカゴ付近。高病原性を獲得したのは1918年8月15日頃、アフリカ西海岸の英国保護領シエラレオネの首都フリータウン付近とされる。

米国発であるにもかかわらずスペインかぜと呼ぶのは情報がスペイン発であったためである[1]。
詳しくは
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。