狙い撃ち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 思えば、ずいぶん久しぶりだ。
 忘れていた。
 まったく別のことにばかり気を取られていた。
 ナズナ嬢の。
 黄昏の国の夢ばかり見ていた。
 夢は目が覚めれば消えてしまう。
 しかし黄昏の国は消えない。
 眠りにつけば、再び現れる。
「いい加減に、こっち向きなさい」
 背後から、イラついた声が投げられた。
 花の香りとともに。
 どんな顔をしたらいいか。
 悩む刻限はとうに過ぎている。
 だから、生半可な返事をして、振り向いた。
「奈津美」
 僕は、ずっと眠っていたのだ。
 誰に会うこともなく、まるで死体のように。
「どうして、ここが」
 柔らかな鬢の毛を眺めながら言った。
 目を見るのは辛かった。彼女は僕を睨んでいるだろうか。
「探していたから。当然」
 相変わらずの、断定的な口調。
「でも、ここは」
「どこだろうと、関係ない。探していたから、見つけた」
 目線は、知らず知らず、足元のほうへ。黒いジーンズだ。
「僕も、探していたから」
「誰を」
 忘れ去っていた言い訳は、思っていたより難しかった。
「わかってるだろ?」
「知らない」
 負けそうだ。いつものように。いつもそうだったように。
 静かな怒りを感じる。彼女は冷静だ。常に。
 しかし、これまでよりもずっと。
「まだ、いまだに、探しているんだ。君と違って」
「だから、誰」
「御免」
 そう言って、僕は、ふたたび背をむけた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。