バルト(バルトロメオ)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バルト(Barto)はGBLの登場人物の一人。フルネームはバルトロメオ・マウリツィオ・パオリス(Bartolomeo=Maurizio=Paolis)。

 

プロフィール

  • 生月日:6月10日
  • 享年:37歳(生きていれば42歳)
  • 身長:180cm
  • 体重:81kg
  • 血液型:Rh+ O型
  • 星座:双子座
  • 出身:イタリア(南イタリア)
  • 種族:人間
  • 職業:学者
  • 髪/目:ストロベリーブロンド+ダークカッパー/リーフグリーン

 

略歴

※年齢は満年齢で表記。

  •  0歳 - 誕生。
  •  7歳 - 身代金目的で誘拐される。その際、誘拐犯に強姦される。
  •  8歳 - 誘拐事件の傷から復活するも、グレる。ピアスを開け始める。
  • 10歳 - アイリーン、幽斎と出会う。のち、ダレルと出会う。
  • 15歳 - アイリーン病死。 
  • 22歳 - エセルバートの老化停止薬の治験に付き合う。以降外見に変化なし。
  • 27歳 - アラステアを引き取り、キアランと名付ける。
  • 29歳 - キアランに幽斎を紹介。
  • 32歳 - プロジェクト・ジーニアス施行。第一世代の教育係として抜擢される。
  • 34歳 - 正式に教育係として着任。
  • 37歳 - グラドゥス城爆破事件(パルナッソスの悲劇)にてヘイダル、ラタトスクと交戦、死亡。

 

人物

 一人称は親しい相手には「俺」、子供には「僕」、その他の人間には「私」と使い分ける。二人称は大体「君」。

 南イタリアでは有名な資産家の嫡男。語源や認知言語、危機言語を専門に研究していた言語学者。

性格はいたって温厚。外面はまともだが、中身は結構駄目な大人。

 

作者メモ

  • ベースキャラはアイリーンと同じ。キアランのベースキャラの育て親の、優しい部分だけ抽出した感じ。幼少期については完璧に新しく作ってますが。
  • びっくりするぐらい優しい人ですが、敵には情け容赦もない鬼神です。ナチュラルボーンドエス。
  • この人たぶん条件さえ揃ってれば、単騎でヘイダルに勝てると思う。幽斎もいれば勝率倍。
    ヘイダルを殺せる可能性があるのはクリスとバルトと幽斎だけ。いやまあクリスにやってもらわないと話成立しないんですけどね。
  • 温情も狂気も情熱もやり場のない思いも全部兼ね備えたGBLで一番大人で、人間らしい人。
  • 資産家のお坊ちゃんなのでセバスチャンという老執事がいるといいですよ。この年にもなって坊ちゃまとか言われてるといいと思うよ。いい加減やめてくんないかなとか思ってるといいと思うよ。
  • ところで同名の聖人(バルトロマイ)がいるんですが、彼、生皮剥ぎの刑で殉教したとか(ミケランジェロの最後の審判で皮持ってるのがバルトロマイさん)。
    なのでちょっと考えたんですけど流石にえぐいのでやめておく。どう書けばいいかわからんし。ていうかR18Gに格上げしちゃうからそんなんしたら!