ライサ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライサ(Raisa)はGBLの主人公の一人。
 

プロフィール

  • 生月日:1月9日
  • 年齢:8歳(身体年齢は16歳)
  • 身長:150cm
  • 体重:46kg
  • 血液型:Rh+ A型
  • 星座:山羊座
  • 出身:ロシア(身体データのベースがロシア人だったため)
  • 種族:人造人間
  • 髪/目:ペールブロンド/ウィスタリア

 

略歴

※年齢は実年齢/身体年齢で表記。

  • 0歳/2歳 - 誕生。
  • 1歳/4歳 - バルトが教育係として就く。
  • 2歳/6歳 - キアラン(アラステア)と出会う。
  • 3歳/8歳 - バルト死亡。どさくさに紛れ、キアランとパルナッソスを脱出。
  • 4歳/10歳 - フレズベルグ移住。
  • 6歳/14歳 - クリス、シャル、フアンと出会う。

 

人物

一人称は「わたし」、二人称は大体「貴方」。

プロジェクト・ジーニアスによって生み出された第一世代の「チャイルド」。並外れた身体能力と、多言語を操る頭脳を持つ「言語分野の天才」として運命づけられた少女。
常に冷静で多くを語らず、人より一歩後ろのポジションを心がける。
自らの生い立ちや境遇を悲観したことはないが、自分の存在によってキアランを不幸にしてしまったという負い目を抱えている。
そのため彼の幸福、これ以上不幸にならない方法を第一に考えて行動するので、いつも自分とキアランの身の安全が最優先課題。

生まれもった身体能力ゆえに亜人たちやフアンに親近感を抱いている。シャルロットは数少ない女性の友人として認識している。
安全性の問題から、たびたびベラの家へ預けられるのでベラやフギン・ムニンとも親しい。
ヘイダルに対しては明確な嫌悪の情を示しているが、それは彼自身の行為に対してのもの。彼自身には憎悪を通り越して哀れみすら覚えている。

 

作者メモ

  • ベースキャラはいないです。またしても。
  • 幼女要員。幼女×青年は最高だと思うんだ……。
  • 最終の予定としては、フアンとシャルともちゃもちゃ暮らしていただきたい。幸せな余生を。