クリス(クリストフォロス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クリス(Chris)はGBLの主人公の一人。本名はクリストフォロス(Christophoros,Χριστόφορος)。
また、ユグドラシルで活動していた際の名前はヴェズルフェルニル(Veðrfölnir)。
 

プロフィール

  • 生月日:5月20日
  • 年齢:96歳(外見年齢は十代後半)
  • 身長:173cm
  • 体重:65kg
  • 血液型:Rh+ AB型
  • 星座:牡牛座
  • 出身:ギリシャ
  • 種族:亜人、吸血鬼と人狼の混血
  • 職業:掃除屋
  • 髪/目:ゴールドブロンド/スカーレット

 

略歴

※年齢は満年齢で表記。

  •  0歳 - 誕生。
  • 24歳 - オリヴィエと出会う。
  • 54歳 - 両親と死別。
  • 61歳 - オリヴィエ失踪。
  • 62歳 - ヘイダルとユグドラシルを設立。
  • 70歳 -ユグドラシルの任務中、迷子になる。そのまま行き倒れ、ロッソに拾われ同居。
  • 72歳 - ロッソ、テロにより死亡。ユグドラシル脱退。ヘイダルと決別する。
  • 80歳 - フアンと出会う。
  • 81歳 - フレズベルグに移住。掃除屋開業。
  • 86歳 - シャルと出会う。
  • 94歳 - キアラン、ライサと出会う。

 

人物

 一人称は「僕」、二人称は大体「君」。

気性は穏やかだが、その分腹の底で何を考えているか分からない狸ジジイ。享楽主義者で好奇心旺盛。とにかく自分の興味を誘うものが好き。本の虫。
普段は飄々としているが、亜人としてはまだまだ子供で、ベラやナイキーからも度々子供と言われているほど。実際、子供のように気まぐれで自分勝手なところがあり、シャルやキアランによく呆れられている。クリスが育てたフアンも年齢に不釣合いなほど子供のようなのは、彼の影響だと思われる。

異父兄であるヘイダルとは、かつて共に育ち、共にオリヴィエを慕い、両親の死と彼女の失踪から共に「世界を正しき姿に戻す」という理念のもとユグドラシルを設立したが、次第に過激な行動に出始めたヘイダルとの間に溝を感じるようになる。
ロッソの死後、クリスはヘイダルと決別するためユグドラシルを去り、ユグドラシルはテロ組織となった。
オリヴィエの死後、徐々に人間への憎悪を募らせていったヘイダルを止められなかったのは己の責任だと感じており、キアランと目的を同じくしたのちはヘイダルを止めるため奔走する。

仲間に対しては非常に強い情を抱いており、シャルには同族的なそれを、フアンには本当の子のように、時には友人のように接している。
キアランとライサへは興味が勝っており、キアランへは天才アラステア・オーデュボン、情報屋ラプンツェルとしての興味、ライサへはその素性の興味を持っている。

 

作者メモ

  • ベースキャラは優志と同じ。クリスの方が色んな要素いれてますが。
  • 実はひっそり、美形という設定があります。混血ではありますが、吸血鬼の血の方が強いので。
  • ろっくんは憧れの人でいいと思います。クリスの救世主で、永遠の少年。ピーターパンですね。20歳だけど。
  • 一応最終の予定としては決着後、消えたラタトスクの足取りを追っていただきたい。
    あと最終的なきーさん・ライサへの感情は悪友と子供その2で。
  • 名前の意味は、十字架を背負う者。十字架はオリヴィエで、ロッソで、フアンで、キアラン。そしてヘイダルでもある。
    クリスは主人公だけど、英雄でも、救世主でもないといい。ていうかGBLは誰も英雄じゃないし救世主でもない。