十海寺優志


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

十海寺優志(とおかいじ ゆうし)はTCの主人公の一人。
十海寺家の次男で、三男・悦志とは一卵性双生児。

 

プロフィール

  • 生月日:4月21日
  • 年齢:13歳
  • 身長:154cm
  • 体重:52kg
  • 血液型:Rh+ A型
  • 星座:牡牛座
  • 出身:東京
  • 髪/目:憲法色/鉄黒
  • イメージソング:MAGICAL WORLD(鬼束ちひろ)
  • 異名:菓子屋
  • 部活/委員会:家庭科部/図書委員

 

略歴

※年齢は満年齢で表記。

  •  0歳 - 誕生。
  •  5歳 - 春が引き取られてくる。
  •  6歳 - 小学校入学。その後、ある事件で右目を失明する。
  • 11歳 - 知佳の病死。 
  • 13歳 - 中学校入学。八雲、充拓、愛里と出会う。 

 

人物

 一人称は「僕」、二人称は「君」だが、悦志にのみ「お前」。

温厚で思慮深く、慎重。基本的には善良だが時として腹黒ドSな策略家。悦志とは逆に、理性派の皮を被った感情論派。
筋金入りの本の虫で、自ら図書委員を務めるほど。特にミステリ小説を好んで読むようだが、雑食。
解りにくいがかなり重度のシスブラコンで、片割れの悦志に対して一番顕著に現れる。春のことは純粋に兄として慕っているが、年下二人にはお兄ちゃんぶりたい複雑なお年頃。一応、目標は春らしく、彼と同じラインに立とうと奮闘しているが実際のところはまだまだ子供と言ったところ。

6歳の頃、ある事件で右目を失明するが、これは襲われた悦志を庇った結果のもの。
悦志とは本来ミラーツインだが、事件以来、そう見えないようにわざと髪の分け目を悦志と揃えている。

 

作者メモ

  • ベースキャラは二重人格気味ニート系傍観者の本の虫吸血鬼(18歳)。
    クリスも同キャラをベースにしていますが、優志の方がこのキャラを色濃く受け継いでいます。て言うか元々それの学パロが元だったとか。そんな。
  • 将来はあれだよ、出版社で編集さんだよ。
  • 優志が失明した「ある事件」については、本編で語る可能性、皆無。いまいち話をうまく持っていける気がしないんだよ……。