エンコーダ・鏡ツール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主なエンコーダ


Windows Media Encoder 9 ( 32bit / 64bit )
  • 最大接続人数の上限が5人なので、鏡ツールとの併用が必要となる可能性がある。
  • Win7での動作が保証されておらず、サポート対象外です。
  • 特に理由がなければ後継製品である Expression Encoder をお勧めします。

Expression Encoder 4 ( 32bit ) ( SP1 ) ( SP2 )
  • WME9 の後継製品であり、その機能をほぼ包括しています。
  • 最大接続人数の上限は50人です。

KotoEncoder ( 32bit / 64bit )
  • cavelis氏が開発した配信に特化したWME互換のクライアントです。
  • 無駄な機能や処理を削除することで配信を軽く便利にすることができます。


鏡ツール

最大接続人数の変更や特定の接続のみを許可(拒否)する機能のほか、リスナーの鏡を利用して回線が細い場合でも多くの人の視聴を可能にするツールです。

kagami.exe ( 鏡ツール置き場 )
  • 現在、安定版 v0.6.8 (kagami_1u.zip)、最新版 v0.7.6 (kagami_1n.zip)が再配布されています。
  • 開発者が行方不明の為、kagami.exe の開発は滞っていますが、同ページにて類似のツールが開発されています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。